アーカイブ
カテゴリー

洗脳を解く方法について

2009/12/17改訂
1998/09/01初稿

冷静な対応、家族や周囲の応援が重要です

マインドコントロールのパターン

最近、またマインドコントロールとか「洗脳」という言葉が巷を賑わしています。そういった騒動が起こる都度、ウチのヒット数が急激にあがります(笑)。気分としては複雑ですね。

アクセスログを調べてみればYahoo!やGoogleのキャッシュ、掲示板の過去ログなどでこのコーナーがひっかかっているらしく、何か問題が生じるたびに見に来る人が増えるようです。

心理学や催眠に興味を持ってもらえるのは嬉しいのですが、できることなら色眼鏡でとかおかしな方向で見て欲しくはないですね。

このホームページの運営は1997年に開始、そういった騒動が起こる前からやっていてトラブルの予防のための警告や注意も何度も何度も繰り返し載せています。

何か事件が起きる都度、急激にヒット数が上がることが良いか悪いかは別として、洗脳や取り込みなどの手法、トラブルにどのような方法があるのかの解説とその解き方についてここで簡単に紹介しましょう。

洗脳には大きく分けて二つのパターンがあります。

否定型(自己否定、環境否定を含む)

これは個人の生き方、つまりこれまでの生活や仕事、価値観について一度徹底的に壊し、自我が崩壊した後のいわるゆる間隙、頭がボーッとしたり価値観を喪失した瞬間に新たな思想、これまでとは異なった主義や思考を植え込む方法です。

別名では「ゲシュタルト崩壊」とも言いますね。これは成熟した大人には極めて有効な方法です。いわば、「頭の固い大人向け」ですね(笑)。

この手法は社会的に成功していたり地位や名声があったり、財産、資産、金銭的に恵まれている人でもひっかかります。

むしろ成功者で自分の背景、バックボーンや学歴、名声に誇りや自負を持つからこそ有効な方法、行われる手法だと捉えていいでしょう。

なぐさめ型(社会正義、平和を訴えるも含む)

先にあげた否定型が過去に得た名声や肩書き、ご本人の努力を徹底して否定する事で精神の崩壊を目指すものならこちらはいわば肯定型です。

要するに「わかるよ、辛かったね」とか「ここにはあなたの居場所があります」「家族より私達のほうがわかってあげられます」社会や環境のために「一緒にがんばりましょう!」などと励ますことで取り込む方法です。

困ったことにこの手法は一部の平和団体を誹謗する連中にも広がっています。

若者を中心に勢力を拡大しようとしていますが、こういった連中への献金や募金として集められた資金は本当に困っている方々には届いていません。

一部の幹部が遊興費に使ったり、自分達が私腹を肥やすのに用いる、どこかに送金する(自分たちの祖国や親族の生活費)のに使っています。

この方法はどこか純粋な部分を持つ者、どこか頼り気の無さそうで自信の無さそうな若者、都会で孤独に苛まれがちな人達、女性など独身者に多く用いられる方法です。

現実には両者の複合型が多いですね。単純にどちらか一方の手法を使う組織や団体は少なく、最初に「あなたは間違っている!」とやられるか、「わかるよ。私(だけ)があなたを理解できる」とやられるかの違いです。

どちらの順番が先になっても結果は同じです。

前提としてあるのは洗脳者達の思惑だけです。表面上は「あなた」を思って何かを行っているフリはしますが、本心はそうではありません。薄汚い魂胆があるだけです。

いずれ相手は参加者に何らかのリスクや犠牲を押し付けるようになるでしょう。利益を提出しろ、財産を挿し出せ、我々にただ黙って従って何もかも言いなりになれ、と強行に望むようになります。 Read the rest of this entry »

カレンダー
2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
番組出演、実験、検証等