芸名、ペンネームが「nobee谷口」

芸名がnobee谷口です。1999年にnobee.comドメインを取得してます。
公式サイトはnobee.comとTwitterだけで他とは一切関わりがありません。

芸名をつけた番組

忘却の軛(くびき) 2章-壱

スポンサーリンク
湯気の出ているcoffee ロゴ付き 小説

二章 ヴァルキューレの肖像

エスプレッソをひとつ頼んだ。

若い頃に仕事で宝飾品の買い付けなどをやった。イタリアではカフェに専用のエスプレッソマシンが置かれている。日本ではそういったマシンを置いていることは珍しい。

エスプレッソやカプチーノを頼んでも本格的なものが出てくることはまず無い。

殆どが名前だけというか形だけのもので大体は美味くない。少なくとも私の個人的な好みには合わない。エスプレッソは専用のコーヒー豆、焙煎ばいせんの具合によっても味は大きく変わった。

外資系だけあってか、この店のコーヒーは珍しく本格的な物を出す。香りが豊かだった。

驚くことに価格も安い。テラスがあってオープンカフェスタイルにもなっている。

神戸という街の印象やイメージのためか、見た目や雰囲気だけ気取っていて味は悪く、価格が高いだけという店も結構ある。事情を知っている地元の者はまず行かないが観光客で埋まっている店もある。

この場所に来るのも久しぶりだった。以前とは若干、店の内部の構造、椅子や内装が変わっている。

店員の顔触れもとっくに入れ替わっていた。

神戸市内でここよりも、もっと本格的なものを出す所も幾つかは知っていた。

(ここに来るのも久しぶりだな・・・)

今回、大切なのはコーヒーの味よりも無線LANやネットアクセスのためのコネクタだった。この店の最大のメリットはビジネスマンが多くパソコンの利用者が多いということだ。

漫画喫茶やネットカフェと違って身分証明証の提示が要らないことも大きい。

掲示板での脅迫行為や違法薬物販売、個人への誹謗中傷、一時、海上保安庁や自衛隊、監督官庁からの情報漏えいなどが相次いだため、インターネットの規制は徐々に厳しくなり始めている。

ここにはスーツ姿のサラリーマンも普段着の若い学生もいる。人に紛れ込みやすい。

それが好都合だった。開店当初のような派手な賑わいこそないが、今もそれなりに客は入っているようだ。

店全体がガラス張りなので死角は少ない。

私は一番奥の席を好んだ。

周囲が見通せるので誰かがついてきたり不審者がいたらわかる。視線を殆ど動かさずに周囲全体を見ることができた。その位置に座ることはほぼ無意識に近い。

もっとも最近はパソコン画面を見すぎて視力が落ちてきた。

以前のような動体視力がなく、年齢的な体力の衰えはどうにも隠しようがない。それが一線を離れよう、ネットからの依頼を積極的に受けるのと辞めようと考えた理由にもなっている。

店の構造が特殊で中二階のようになっている。外を通る人が客席を覗きこむことはできない。一段高い構造になっているのはプライバシーに対する配慮だろう。

奥まった位置でガラスを背にして目立たない場所に座る。ここならば背後から覗きこまれたりいきなり襲われる心配が少なくなる。

過去に阪神淡路大震災を経験した私は「壁がガラス張り」ということに恐怖を覚えた。寝ていた部屋がガラスの破片まみれになったことがあり、どんなに丈夫な建物や最新構造でも信用ができない。

それがこのおしゃれなカフェを多用しない理由にもなっている。

調べ物をしたり、気になるメールが届いた時だけ訪れている。