芸名、ペンネームが「nobee谷口」

芸名がnobee谷口です。1999年にnobee.comドメインを取得してます。
公式サイトはnobee.comとTwitterだけで他とは一切関わりがありません。

芸名をつけた番組

忘却の軛(くびき) 1章-弐

スポンサーリンク
壁掛け時計 ロゴ付き 小説

一章 凍てついた世界

「行かないで! 行かないで! お母さん!」

必死に手を延ばす。

彼女はこちらを一瞬だけみた。不思議そうな顔をしている。

こちらに何も関心を持っていないような雰囲気。見はうつろで、どことなく焦点が定まっていないようにも思える。

傍らには見たこともない男性がいる。お父さんじゃない。

その男性にしなだれかかり、腕を絡ませ、相手を見上げて媚びた笑顔を見せる。その表情はどこか淫猥いんわいでこれまで家族の誰にも見たことがないものだった。

(その人は違う)

思わず後ろから追いかけて、大声で呼びかける。

「お母さん!」

「私、私よ! 愛理あいりよ!」

「あんたなんて知らない」

彼女はうつろな目でこちらを見ながら、はっきりとそういった。

「あっちへ行って」

花音かのんのことはどうするの! お父さんだっておじいちゃんだって心配してる!」

妹の花音のことを口にした時だけ、一瞬、彼女は戸惑とまどうような反応と仕草を見せた。

「お母さん・・・」

それが愛理からすれば余計に悲しい。自分のことはまったく覚えていないのに、花音のことは覚えている。やっぱり、私さえいなくなればお母さんは帰ってくるのだろうか?

涙が止まらなくなる。

伸ばした手は届かない。まるで彼女の姿は存在しないかのようにむなしく空を切る。何度、懸命に手を伸ばしても彼女の身体に触ることすら出来ない。

近い距離、ほんの少しの場所。手を伸ばして届かないはずがない。目の前に彼女は立っているのにその距離はあまりにも遠い。

彼女であって彼女ではないもの。よく似ているがまるで違うようにも思う。陽炎かげろうか蜃気楼のようだ。姿形ははっきりと見ることができるのに、直接、手で触れることができない。

肩を掴むことも手を掴むこともできない。大声も届かない。振り向かせようと、思いとどまらせようとどんなに大声を上げ、身体を掴もうとしても彼女は無視を続けている。

そのうち、花音や家族のことにも反応しなくなった。

その後、男性と親しげに手を繋ぐと嬌声きょうせいをあげ、腕を絡め合いながらその姿は霧の中へと消えていった。

「お母さん!」

喘ぐように手を延ばす。届きそうで届かない手。

そこで目が覚めた。

ほおが濡れている。夢を見ながら泣いてしまったようだ。

悲しくて苦しい夢。ただし、これは単なる夢じゃない。

今、愛理あいりが直面している厳しい現実だった。