芸名、ペンネームが「nobee谷口」

芸名がnobee谷口です。1999年にnobee.comドメインを取得してます。
公式サイトはnobee.comとTwitterだけで他とは一切関わりがありません。

芸名をつけた番組

忘却の軛(くびき) 1章-壱

スポンサーリンク
壊れた宝箱 小説

一章 凍てついた世界

( ーーーー ここは、どこ?)

早希は目が覚めると驚いた。見覚えのない部屋に全裸で一人で立っている。

足元にはぬいぐるみのようなものが転がっている。片耳の千切れたうさぎ。元は鮮やかなピンク色だったのだろうか? 何度も踏みつけられたかのように黒く薄汚れている。

遠くで聞こえる小さな音。ささやき声? それとも笑い声?

一個一個はヒソヒソとささやくような小さな音。その音が幾つも幾つも重なり合っているように聞こえる。次第にそれは勢いを増す。 

誰かが大勢、終始、自分を見つめていて何かをうわさし合っているようにも感じる。

(怖い!)

思わず膝を抱えてその場に座り込む。音が聞こえないように耳をふさぐ。

どんなに両手でしっかりと耳を塞いても、ささやき声はさざ波のように押し寄せてくる。

ひとつひとつは小さな音。なのにそれが積み重なると耐え難いほどの大きな声に聞こえる。最後には、大声で誰かが自分に向かって怒鳴りつけているようにも感じられる。

そのうち、あることに気がつく。音は外から聞こえてくるのではない。

(私の頭の中から聞こえてる!)

執拗に湧き出すように聞こえてくる。耳をふさいでも効果はない。

(あなた達がなんて言ってるのか、私にはわからない!)

(静かにして。お願いだから黙って。怖い!)

(助けて!)

乱雑に散らかった狭くて小さな部屋。中は薄暗くて見えにくい。足元にはぬいぐるみや開かれたままの絵本、積み木。少し積んだだけで残りはバラバラにくずれている。

そのどれもに、誰かが踏みつけてわざと汚したような真っ黒い足あとがベタベタとくっついている。アスファルトにこぼしたタールのような粘着質のもの。

大勢が押し入った後、その辺りを踏み散らかして片付けずそのまま放置したかのような状態。

部屋の奥に黒くて頑丈そうな四角い箱があるのがみえた。

子供がやっと寝転べるくらいの大きさ。縦に長い。鉄格子てつごうしのような頑丈そうな窓のついた小さな扉が付いている。

入り口の扉は開いている。

何かが、中からい出してくる。黒いけだもの禍々まがまがしい姿。一匹、いや二匹。奥にはもっといるかもしれない。何かが、こちらを狙ってギラギラした目を見開いている。

(あそこに、引きこまれたらどうしようもなくなる・・・)

自分が今どこにいるのか、何が起こっているのかもわからないのに、なぜかそれだけがはっきりと意識できる。どうしてもあそこには入りたくない。入ってはいけないことがわかってしまう。

わかってしまうのだ。

「助けて!」

怖さで全身が震えている。思わず大声を上げる。他には誰もいなくとも叫ばずにはいられなかった。

「助けて! 助けて!」

ケタケタケタと乾いた笑い声が響く。女の声。さざ波のようだったささやき声は明確なあざけりへと変わる。助けを求めて大声を上げた瞬間に、それは女の笑い声であっさりかき消されてしまう。

どす黒い粘着性のもの。それが箱から溢れ出てくる。一部が素早く触手のように伸びる。咄嗟とっさのことで逃げ遅れた。裸のままでむき出しだった胸を鷲掴みにされる。

もっと大きなかたまりが足元からねっとりと足首にまとわりつく。そのままゆっくりと這い上がってくる。

「何か?」が、しっかりと身体を掴んだ。逃さないためなのか箱から他にも何本もが次々に飛び出し両手両足にも巻き付く。そのまま黒い箱へとズルズルと強引に引きずってゆく。

必死で抵抗するが、い出してきた「何か?」の力は強い。

(助けて!)

もう声すら出すことができない。黒い影はすでに全身に取り付き、ネバネバと口元までを大きくおおっている。しっかり閉じていた筈の口を割って早希の喉の奥まで強引に入り込んでくる。

(苦しい! 助けて! 助けて!)

呼吸が止まる。息ができない。

どんなに必死で暴れても巻き付いた黒い影は緩めようとはしない。

身体が痙攣けいれんし、苦しんだまま意識が遠のいてゆく。酸素を求めて喉をきむしり、影を離そうとするが抵抗はむなしい。粘着質の黒い液体を引き剥がすことができない。

ささやかな抵抗で表面にわずかな傷を付けただけだ。

いきなり、手足から力が抜けた。目からうつろになり瞳からは光が遠のいてゆく。

やがては身体全体をどす黒いものがおおい尽くす。黒いものは力の抜けた身体を引きずり、嬉しそうに笑いながら自分の巣へと戻ってゆく。

すべては闇の中へ。何もかもが入るはずのない小さな箱の中へとズルズルと次第に飲み込まれてゆく。

すべてが納まり扉が閉まる。箱についていた鍵がガチャリ! と大きな音を立てて締まった。

もう逃げられない。

けたたましかった女の笑い声は、ようやく聞こえなくなった。