一日のページビューと来場者(ユーザー数)の目安

Google ロゴ入り2 超合金ニューZ

初心者から中級者までにページビューとユーザー数の解説

でたらめ書いてるものが上位に入っている

Googleの台頭で私がホームページを持った1997年の頃とは事情が変わってきています。

どう考えても誇張とか嘘を塗り重ねているブログやウエブ・サイトがあるので一部、解説しておきます。一日のページビューの最低限の目安は「200」と考えてください。

20年前なら「自作自演」も可能だった

足跡 右今回は「催眠術」の話ではないですが、一部は重なり合います。

私のサイトには途中からパソコンの変遷とかネット環境の変化、WordPressに関わる話がたくさん載せてあります。

元はド素人だったんですが・・・。嫌がらせや成り代わり、盗用とか汚い行為を繰り返す連中が大勢いたので。

防御策を講じる必要が出てきました。

初期の頃に私のモノマネ、丸写しのパクリサイトを開始したおっさん(私より一回り年上です)はね。自分のサイトに設置したカウンターを回してですね。

「うちのホームページも何万人の来場者があった」って言い張ったり。私よりも運営が早かったように偽ろうと開始時期を一年前に前倒しするなどの小細工をしてました。

笑ってしまうのは「超忙しいカウンセラーで催眠術師」「私よりもベテラン」だとも偽っていましたので。どう考えても不可能なスケジュール、超能力でテレポートでもしたのか、って移動を堂々とサイトに掲げていました。

「ここまで酷い自作自演を繰り返すのか?」と当時、とても驚かせて貰いました。

私は宝石屋とか以前の仕事でも移動が多かったので旅慣れているんですよ。一年の殆どを移動とホテルぐらしに費やしたこともあります。講演やテレビ出演もそんなに苦ではなかった。

ですので実際に可能な移動スケジュールかどうかなど簡単にわかります。

困ったことにそれに引っかかって依頼を出した頭の悪い番組もあって。それに呆れてその後はどこにも関わらなくなったという経緯があります。

時代が大きく変化してGoogleなどの検索エンジンや広告サイトが台頭してきてですね。1997年頃には自作自演も簡単だったネット社会もそうはいかなくなってきました。

自作自演が通じないのは「そこに広告費」が関わるからですよ。

Googleはネット広告でのし上がった会社ですから。表示回数とかクリック数で報酬を支払っています。その表示回数とかクリック数を誤魔化したり誰かが「自作自演で」多くするとか報酬欲しさでクリックしまくるのは困るわけです。

ただし「人間で日本人に限定、スマホを含んだ」総数

スマートフォンそうなると「本当の実数」が必要となってきます。水増しとかBot(いわゆる検索エンジン用の巡回サービス)はきっちり除く必要があって。プログラムで回数を押し上げるものも排除します。

Googleだけではなくスポンサー側も困る。人間以外のもの、たとえばBotとかプログラムが覗きに来たって宣伝効果は何もありません。宣伝や商売、売り上げに直結してるものに広告費は使いたいわけです。

ウチは2017年からコンテンツの見直しと改訂を図りまして。2018年の10月末に初級テキストと古い自著、著作の公開を行いました。コンテンツ量としてはこれまでの倍になっています。

GoogleAnalytics(ぐーぐる・あなりてぃくす)でフィルターをかけてありますので自分自身のアクセスをIPアドレスで弾いています。BotとJP(ジェイピイ)JAでも弾いています。

JP、JAというのは言語パックです。要するに「日本語の入っているスマホかパソコンでうちのサイトを見に来た人」だけを正確に数えています。

ウチは一時、ブルース・リーの人形とか写真、以前に出演した番組がYouTubeにアップされて翻訳されたり。神戸の案内のページがヒットしたため台湾とか中国からのアクセスも多いです。

2006年神戸、中華街、ブルース・リー他
以前に撮った復興後の神戸の写真 ※撮影は2006年です。かなり前の画像ですが意外にヒット数が多くgoogleなどで検索してたどり着く人が多いので復活させておきます。 これとは別に2017年に撮影した写真を「ブログ版の好奇心の館」で公開し...

海外からのアクセスをあえて除くのは、それはGoogle AdSenseの広告、Googleの検索結果にはあまり反映しないからですね。中国語とか英語も含めるならもっとヒット数は多いでしょう。

ハッキング目的とか踏み台にしようとか、荒らし行為をやってる連中は海外からもアクセスしますよ? トルコとか米国とかイングランドとかね。プロキシサーバー経由で接続してくるものもいますから、そういったものを数えていいならもっと跳ね上がります。

ただし、それは評価とか売り上げには繋がらない。邪魔なヒット数でしょうね。

ですのでそれを含めて数えて「ヒット数がうなぎ登りだ!」「ウチのヒット数、ページビューは数千もあるんだぞ!」と誇るのは間違い。

海外からとか自分のアクセス、Botも含めると私のサイトのページビューは一日に5000件超えてます(笑)。それも20年間、ずーーーーっとそれくらいはありますね。

海外からのアクセスや荒らし、Botを除くと大体、200から500くらい。日本語環境を持ってるスマホやパソコンだけ、「自分自身」を除く実数だとそんなものです。

稀に催眠の番組? とか洗脳絡みの事件とか宗教団体が大きなトラブルを起こすと数千程度にまで跳ね上がったことがあります。最大で一日に1万件くらいですかね?

広告をGoogleに載せる前にやるべきことが



ウチにも執拗に「催眠術系」とか「カウンセリング系」が広告を打ちにきますけどね。

体調不良から復帰して文章を載せたり更新を再開した時点で。Google AdSense(ぐーぐる・あどせんす)もしっかりチェックしていますから、発見次第、ブロックしてシャットダウンします。

あのですねぇ・・・。考えりゃわかると思いますがトヨタ自動車のサイトに光岡自動車とかダイハツの広告が載っていますか? 同業者ですよ?

有名なメーカーとか名前の通ったサイトがあったとして、そこの商売敵の宣伝をそのまま引き受ける会社はないと思いますよ?

だいたい内容が薄すぎる。

中身が何も載ってないサイトに「ウチの読者が」興味を示すわけがない。元々が長文ばかりのサイトなんですから・・・。そういったのを好む層しかここには居着かないわけで。

「薔薇十字団が」「神秘の秘法が!」と謳っているサイトと、うちのサイトを見比べた時に。情報量が圧倒的に少なかったり、電波性が強いものなら依頼とか仕事には繋がりませんって。

ウチは心理学系で広告を許可してるのは「放送大学」のみです。

同業種で他人のサイトの集客力を当てにするという行為は。そのまま、実力の無さを示すことになります。異業種とかまったく別のコンテンツなら構わないでしょう。

ですから「催眠術」のこのサイトにラノベとか漫画、異世界モノを打ちに来る出版社は賢明だとも言えますね。催眠術とかちょっと変わった内容とかコンテンツに興味を示す層は、そいうった異世界モノやファンタジーにも興味を持ったり眺めていることも多いので。

ウチで一番クリックされている広告は「宝石とか女性用の衣服」ですよ(笑)。

女性心理についてとか、私が前職であった宝石とか宝飾品について述べている。また私が以前にそういった仕事で高い売り上げを誇っていたことを知っている人達がウチにやってくるので。

その人達のパソコンやスマホにCookieとかログが残っているのでしょう。Google AdSenseでは閲覧履歴からクリックされる可能性が高い商品が選ばれる。

宝飾品とか宝石や指輪、女性が興味を持つ「服飾品や衣装」が優先して表示されクリックされています。閲覧する方の見ていた他のブログやサイトの前後の記録も大事なわけで。

体調不良でしばらく放置していましたが。催眠系とかカウンセリング系でクリックされたものはゼロです(笑)。見事なくらいスルーされています。

同業者のサイトに広告を載せようとする人はちょっとどうかしていますよ? 依頼を奪ったり分け合うことになるわけがないでしょうに。

そんな感覚で本当に催眠とか心理学とかNLPとやらを学んだのですか? 私ならそんな程度の低い人にわざわざ会いに行ったり、お金を払うのは御免ですね。

自作自演が難しくなったのは「紐付け」が行われるから

アナリティクス

せっかくですので最新の「アナリティクス」の写真を公開しおておきましょう。ご自身でブログをやってる方は参考にしてください。

覚えておいて欲しいのは、Google AdSenseで大儲けとかネット広告、アフィリエイトで高収入を、と煽っている連中もウチに広告打ちに来ますよ?

これも変な話だと思いますが(笑)。

再開したばかりで全盛期の半分以下しかヒットしていないうちのサイトに。

すでに「一日に数万ヒットも」ある超人気ブログがなぜかお金を払って広告を打ちに来ていることになる。

私なら打たないですね。対費用効果を考えるなら「もっと当たっている」サイトにします。

ウチは確かに老舗ではありますが・・・・催眠「術」とか洗脳問題で多少、名前が通っていることは否定はしませんが、とてもじゃないがメジャーじゃありません。

最近は大手プロダクションの広告も表示されます。芸能界で活躍したいと思う人が検索して「ネット経由で」番組に出るようになった実例を探しているからでしょうね。

ネットで評判の悪いところとか、練習生から高いレッスン料をとってるサイトは外してます。

Googleのアカウントってスマホで認証することが多くなっていますので。支払いとか確認には銀行口座やクレジットカードが必須となっています。

以前なら気軽に自作自演をやったり、嫌がらせ行為や荒らし行為をやってた連中もいますが。

広告を打つにも本人確認が要ります。捨てアドで気楽にやれた時代とは異なって、虚偽の申請とか誰かのブログやサイトを荒らす行為をやったらアカウントが停止されます。

自分たちの「宣伝のために」自作自演をやったり、誰かの誹謗中傷する行為が悪質だと判断されて。一度、アカウントが凍結されると二度と回復しなかったりしますよ?

面倒な部分も増えたがメリットもある

角型 GoogleGoogleは住所やクレジットカード、スマホやCookieの情報、過去の閲覧履歴やIPアドレスまで調べて判別していますので。どんな言い訳とか言い逃れでも難しくなるでしょうね。

自宅を変更したりカードの名義人を変えても難しい。

それが最近はショッピングサイト、メルカリのようなオークションサイトにまで拡大されています。迂闊な行為をすると所持金、登録金の凍結とかアカウントの即時、停止に繋がっています。

犯罪行為、盗品の売買や不正送金、チケット転売の抑止と言われたら取り戻しようがないですよ。

Googleや広告料だけではなく、情報を企業に販売することで儲けている会社でもあるわけで(笑)。利用規約にはそういった文字がしっかり入ってますね。

「自作自演でヒット数を偽る」ような行為はしないように注意しましょう。

それが発覚して一度、ブラックリストに載ってしまったら。サイト運営はとても難しくなると思いますよ? 2016年に自作自演や嫌がらせ行為が発覚してアカウントを停止されたサイトがありますが。2018年の現時点でも解除されていませんね。

私のようにモノマネとか嫌がらせに苦しんだ側からすれば、メリットもあるわけで。執拗な嫌がらせ行為や盗用、ハッキング等があればGoogleとプロバイダに連絡すれば今は止まります。

犯罪行為を抑止しようと、クレジットカード会社とかGoogleのAIが徐々に進化しているので。普段の行動パターンと違う買い物をするとすぐにカードが停止されて電話連絡があります。

高額な費用の買い物を「いつもと違う店」ですると止められてしまったり。即座にクレジットカード会社から折り返しの電話が入ったりします。中華系の強盗団や詐欺師がスキミングを行って電化製品を買い漁るとかがあったので、厳しくなっているんですよね。

損益を被った時の保障や支払いは保険会社とかカード会社になりますので。

それはネットでも同じことです。広告費を騙し取られないようにとか犯罪被害を止める名目で、情報の共有も始まっています。

一日のヒット数が「50を超える」ものは全体の20パーセント

経験上「見せかけの数値」で数千とか数万と言い張ってるサイトより。マニアックなネタでしっかりと作り込んだ「長文を載せてるサイト」のほうが、検索上位に入ってきます。

私は催眠術のサイトはここしかやっていません。

ただし、中小企業とかショップからの依頼でショッピングカートの設置とか新規でドメインをとってサイトを構築した経験は複数あります。Googleへの登録とか管理も何件かはやりました。

その経験を踏まえた上で言いますが。一般人とか中小企業、ショップのヒット数は「一日に50」行かないものが殆どです。よほど過去にヒットした商品とか知名度がない限りはそんなもの。

日本のブログとウエブ・サイトの総数は1600万件から2000万件と言われています。毎日、10万件のブログが新規で開設されていると誇っている大手プロバイダがあります(笑)。

実際には「その同数かもっと上の数」のブログが更新されなくなったまま放置されています。なんせ無料ですからね。途中で放置しても痛くも痒くもない。

ブログの8〜9割が一年後には放棄されているとの統計もあるくらいです。

ブログやウエブ・サイトの総数が増えないのですから、ヒット数も変わりませんよ。

当たり前ですね。 「人口」 が増えていないんですから・・・。

スマホやパソコンの台数が行き渡って全員が持った時点で頭打ちです。スマホや携帯の2台持ちとか複数契約でも身体は一つ。

一人で2台のスマホやパソコンを常に持ち歩いて検索してる人は珍しい。一日の時間は誰でも24時間しかないのですから、検索件数だけが飛躍的に増えるわけもないです。

そうなると2013年の統計、個人ブログの一日のヒット数も2018年とそんなに変わらないわけで。

はっきりしていることは一つだけです。

ウチのサイトもスマホとか携帯、パッドでもアクセスが増えています。スマホやパッド対応、いわゆるフレキシブル、レスポンシブ対応が「必須」です。

 レスポンシブ対応になってないサイト はヒット数がどんどん下がります。

スマホやパッドでアクセスする人が増えて。パソコンが減っています。日本の人口が同じであるならばスマホや携帯、パッドに対応しないと閲覧者は激減することに繋がります。

嘘をつく側にも事情とか理由がある

魚釣りレスポンシブ対応で「今もヒット数が一日に50以上」あるならすでに上位者ですね。

ヒット数が数万件あると誇っているサイトの多くがプロバイダの仕込みだと思いますよ(笑)。飯のタネですからね。

一日の時間は有限です。朝から晩までパソコンの前で文章を打ち続けたり写真をとって加工し続けられるわけもない。それだと専業でしょう。

毎日の他愛のない話とか昼食の写真だけならインスタグラムかTwitter、LINEで簡単に済んでしまう。契約者とかブログを書いてくれる人が減れば「広告収入」が減ります。

企業からお金を貰うためにヒット数がいる。そのためには広告を載せられるスペースが必要になる。あまりにも手間がかかったら一般人は諦めてしまうでしょう。

文章や写真、料理のレシピを載せたい人ばかりではないですから。

ブロガーの数が一定数存在しないと商売として成り立たなくなる。その上で「トップランナー」つまり、ブログで儲かっている個人とかタレントが必須となります。

無料でブログを公開していたり提供しているプロバイダからすればそこが生命線となります。それを餌にして一般人とかスポンサー企業を「釣る」わけですから・・・。

ですので無料のブログのヒット数はあてにならない。何らかの作為とか手法でヒット数を押し上げている可能性が残ります。

実際には「有料のプロバイダ」と契約していて常に高いヒット数を獲得、「それもBotや自分自身を」カウントしていない人が本物となります。

だからGoogleが無料のブログを排除する方向、自分でサーバーと契約して独自ドメインを持っている人以外には報酬を支払わない方向にシフトしているんですよ。

おそらく、そこには「実数とは違う」何らかのからくりがあります(笑)。

広告屋であるGoogleからすれば、多くの人が目にする機会の多いブログとかサイトなら「無料のスペースだろうが独自ドメインでなかろうが」ガンガン、広告打ちたいに決まってます。

そのほうが儲かりますから。

Googleがというよりスポンサー企業が嫌がる何かが存在します。

一日に必要なヒット数は「200〜500」ユーザーが50から100人

Mailからくりとか「仕組みの内側」にいる人はいいんですけどね。一般人だと入れてもらえないでしょう。儲かっているのは一部の人だけで真面目に更新している人が苦労するだけになりかねません。

だからGoogleは方針を転換したんだと思いますよ?

実際にはね。一日に「200人以上」が訪れるようになると問い合わせが数件来ます。

興味がない人とかたまたま「検索で引っ掛けただけ」の人はBotと同じです。わずか数秒で離れてしまう。誤差の範疇ですので気にしても仕方がないのです。

きっちり作り込んだ内容をしばらく眺めてくれる人、興味とか目的があって訪れた人が「200人を超えた辺り」から何とか商売とか仕事になります。

長く何らかのサイトの運営管理をやってる人は、私と同じ意見を述べると思いますよ。

実際には100人くらいから動きがあるのですが。コンテンツの内容によります。唯一無二の存在とか特殊なものであるなら50人からでも動きます。

催眠術のCDとか潜在意識がどうこう、ってものを売ってる人も正直、馬鹿なんじゃないかと思うのですが・・・。発想が20年前のままですよ? 

そういったものが珍しかった時代ならともかく、それを単体で売ってどうするのでしょう?

複数の商品とか商材があって、その中にそれが混ざっていることが正しいでしょう。選択肢がない上にペラッペラのコンテンツではお客さんがその気になりませんよ?

ホームページやサイトにすら手間をかけない人に閲覧者は期待はかけないものです。載せてある内容に納得がいって「もっと深くを知りたい」と思う人が更にお金を払ってくれます。

ですので「他の催眠術系の」サイトをやってる人達も最低ラインのヒット数を目指して独自のコンテンツを充実させてください。ウチに広告出すのは無駄ですよ(笑)。

私の直系の弟子にでもなって、私から直接、依頼者を紹介でもしてもらわない限り「一日の依頼」が現状のヒット数では「ウチでもわずか数件」になります。

私はすでにネット経由での依頼を受けなくはなっていますが。だからといって「私が受けなかった顧客や依頼者が」広告をみて他に流れる可能性が高いと思いますか?

元の分母、総数がそもそも少ない。毎日、何万人もが押し寄せる個人サイト、それも催眠術のサイトなんて見たこともないです。そこからさらに「おこぼれを」貰おうというのは無茶でしょう。

私は以前からずっとヒット数も写真で公開しているのですから・・・。2010年の古いサーバー(WebARENA)からの写真をロゴ付きでもう一度、載せておきます。下のがエックスサーバーで「昨日」(2018年 11月08日)のものです。

WebARENAの写真はBotと自分のアクセス、海外からのログも混じってます。エックスサーバーは日本語のみのアクセスで、Botも私の自身も除いています。

せめてウチと同数程度のヒット数、ユニークユーザーを自分で集めるしかないのです。

2018年11月09日

谷口信行