男女の嘘のつき方の違い

スポンサーリンク
男女の嘘の違い 過去の出演、実験

巧くできているものです

この実験結果から見ると女性が視線を逸らさず

モデル

「なんで、そんなこときくの?」

と言ってにっこり笑いかける時、実は嘘をついている可能性があるということに。

男性からみれば恐怖の推測が成り立ちます。

私も男ですから・・・。この実験結果を知った時にはやはり驚きました。

逆に考えれば男性が女性に嘘を「隠す」場合、視線を逸らさないことが大事でしょうね(笑)。

どんなに後ろめたいことがあっても、おそらく一瞬でも目を逸らせばバレます。

どんなに巧みな嘘を並べても、視線が泳いでいるようではどうしようもありません。正直、これは難しいようにも思いますが・・・。高等テクニックですね。

惚れた女とか好きで付き合っている相手、長年連れ添った奥さんに良心の呵責(かしゃく)がない、平気で嘘をつける、目線を逸らす事がない人ってのはやはり、異常ですよ(笑)。

多少は不自然になるでしょうし、そうそう簡単ではないように思います。

実験などで、ただ単純に「嘘をつけ!」と言った場合にでも、男性と女性とではまるで正反対の反応をするようです。統計をとるとかなりの違いが出て来ます。

私はもし神様というものが本当にあって、この世界を作ったんだとしたら実にうまくできているもんだと感心します。

通常、自分の付き合っている女性に「なんで、そんなことを聞くの?」と返事をされて目をじっと見られれば、男性はそれ以上の責任の追及はしにくいでしょう。

男女の違いで象徴的なものは浮気が発覚した際の対応方法や責め方です。

男性は浮気した「本人」よりも浮気の相手、つまり同じ男、オス同士で戦います。

浮気を理由に浮気した女性を刺し殺すより先に、浮気相手の男をつけ狙うケースが多く、そっちが終わってから女性を責めるでしょう。

実際には女性、つまり自分の奥さんや恋人が「他の男性を誘惑して」関係を持っているケースも多々あるのですが・・・。怒りの矛先が奥さんより浮気相手の男性に向かいやすいのです。

女性はむしろご本人、つまり浮気をした男性自身に憎悪が向かい易い傾向があり、その辺りの統計も男女間ではっきり異なります。

パートナーの浮気を知ってしまえば男は逆上します。

より過激で直情的な行動をとるのはやはり男性のほうが多いですね。刃物を持ち出して浮気相手の男を殺したり、その後パートナー自身も道連れにするような行動は男性のほうがとりやすいのです。

だからこそ女性側の浮気が「男性側にはバレにくい」という細工を、神様がなさったのかもしれないですね。

男性からは驚異となる実験データ

こと、浮気の嘘だけに限定すれば男性の方が「かわいい」と思えなくもありません。

嘘がどちらかといえばバレやすく、うしろめたさからわざわざプレゼントを買って帰って発覚するのですから。

後で一生懸命に言い訳する姿が見て取れますね。

考えてみると女性の方がおっかないのかもしれませんね?

男性には自分の方に非があるにもかかわらず、付き合ってる相手の目を見ながら

Eさん

「なんで、そんなことを聞くの?」

などととぼけてみせるというのは高等テクニックです。

その手法は開き直ってて、良心をどこかに置き忘れてきたような男性にしか使えません(笑)。

ある程度、言い逃れして無理だったら「ごめんなさい!」と謝ったほうが楽でしょうし、最後まで嘘を突き通す男性のほうが少ないのかもしれないですね。

実験結果のデータである女性の七割近くの人が、相手に顔に視線を合わせながら嘘をつけるというこの実験結果は、私も含めた男性にとっては驚異です。

まあ通常であれば女性より男性の方が力が強く、腕力での勝負になれば男性にはかないません。男性に上手に嘘をつくことで自分の身の安全を確保しているようにも受け取れます。

もしかしたらお互いが激しい喧嘩、殺し合いなどにならないよう、そう簡単に嘘がバレないように神様が作り分けたのかも知れませんね。

※もっとも私は男性ですから「それが正しい」と思っている訳ではありませんので・・・・。念のため。

男性は相手の目を見ながら嘘をつくのが苦手です。自分が相手の目をじっとみて嘘がつけないから、女性も、きっと「嘘はついてない筈だ!」と思い込んでしまうのかもしれません。

正反対の反応をするから、お互いに気が付かない部分がある。女性同士とか男性同士なら話していればある程度ピンとくるかも知れないですね。

よく考えてみれば、母親も姉でも妹でも女ですよ? 

喧嘩になった時、目とか反応をみてみるといいです。

嘘つかれたことはありませんか? 笑いながら目をじっと見つめながらシラを切るようなら、あなたの付き合っている女性も同じ傾向を持っているのかもしれませんよ(笑)。

冷静に観察すれば様々なことがわかったりもします。

知らないこと、気付かないことが幸せな場合も多い

知りたいと思うのは世の常です。ですが、何でもわかればいいってものでも無いような気がします。

一昔前とは違って試薬とか検査機器、解析用のパソコンなどの性能がアップしましたので。科捜研のような警察関係の施設だけではなく、民間業者も次々に参入しています。

DND鑑定、親子鑑定の依頼などは一ヶ月で数百件も舞い込むようで。それだけ、女性の嘘を疑う男性、夫や彼氏が増えたということかもしれないですね。

一時は数十万円も費用がかかり、結果が出るまで数ヶ月待たされたものが今では数万円で数日です。

DNA鑑定ほどではないにしても、私のように特殊なことをやっていると色々なことがわかるようになったりします。

他の人からは「羨ましい」などと言われることもありますが、そうとばかりも言えませんよ? 知ってしまって悲しい事や辛い事、腹立だしいことも世の中にはいっぱいあるのです。

これは私個人の意見ですが、世の中には知らなくていいことや気付くべきでないこともあるのかもしれません。

色々とわかるようになれば人間不信になってしまうかも? 私としても親しい相手の嘘や、仲間だと思っていた人の隠し事などに気付くと、悲しいときや辛い時もあります。

Gさん

「催眠術をかけて、彼氏の嘘を暴いて!」

なーんて平気で依頼してくる人は、たぶん、その恐さに気がついていないからですよ。

私自身でも嫌な思いや嘘をつかれて苦しかったことは多々ありますが、今までに自分の相手(恋人)にそのようなことを行ったことはありません。

知ったほうが辛いもの。だけでなく、信じてやりたいと思ったから。

結果として騙されたり、二股をかけられたり酷い経験になったものもある。結婚を考えていて相手の親御さんに挨拶に行った後でひどい状況がわかったこともありますよ?

性病をうつされたりね。他に女性関係がなくて風俗などに行くことは嫌いでしたから。

感染ルートはそこしかない。いまどき、銭湯になんて行きませんから(笑)。発病までの潜伏期間からも感染源が誰だったかということはおおよそ割り出せます。

そういった行為(浮気や不倫など)を繰り返す女性は決して自分からは口を割りません。不自然な対応をする時に気がついてしまう。心配して後を付いていけば誰かと会っていたり何かを目撃することになります。

今も私がなぜ別れたのかを気づいていない女性もいます。

一言も責めずに黙って別れていますからね。

知ろうとしていなくても自然にわかってしまう場合があります。これが結構、辛い。極力疑わないようにしていても、何かを目撃したりはっきりと気がついてしまったらどうしようもない。

私だけではなく、世間に異様な高感度を持った人はいます。

それは理屈ではなく皮膚感覚です。そういう人は自然に気が付きますし、普通の人より感覚が鋭い分だけ、感知するのも早く確信もあるのです。

それでも、それを全部探偵雇って調べて明らかにしようとしないのは、相手を疑いたくないといいより信じたいという気持ちがその人のどこかにあるからでしょう。

疑うのは辛いですからね。相手を信じたい、疑わないでおきたい。

そのままにしておきたいと願うのは相手への優しさとか思いやりなのかもしれません。