芸名、ペンネームが「nobee谷口」

芸名がnobee谷口です。1999年にnobee.comドメインを取得してます。
公式サイトはnobee.comとTwitterだけで他とは一切関わりがありません。

芸名をつけた番組

この人達は愚かすぎるのではないか、と

スポンサーリンク
象と少年 超合金ニューZ

幼稚園児のような人たちが結構いる

おそらくは若い世代のほうが慣れてる

公開した小説とか、説明文の中に「IPアドレスの取得で様々なことがわかるんですよ」というと、そこの部分だけを抜粋して変に誤解してしまって。

プロキシを通したり海外で買ったスマホや携帯を通してウチに繋いでくる愚か者や御老体がいます(笑)。ウチでアク禁(アクセス禁止)にしてるのは一部の迷惑行為を繰り返す連中と。

海外のサーバーだけですよ。

インド、アメリカ、韓国、中国、と

なんか、本当にがっかりする話が多いですね。

小説とか説明文で確かに「IPアドレスでわかる部分が多い」とは書きましたが。私はCIAとか犯罪捜査のプロフェッショナルとは違うので(笑)。

IPアドレス一つですべての個人情報が筒抜け、丸裸になるわけないでしょうに。

モノ知り顔でどっかの馬鹿が「あそこに接続すると個人情報を抜かれる」などと書き込んでいるのを見ると、本当にびっくりしますね。どこの幼稚園児なんでしょう? 

スーパーハッカーとかエスパーでも無理でしょう。頭がおかしいですよ。

ただし、一部の悪質な嫌がらせ行為を繰り返したり、執拗しつようにウィルスを送りつけてきた男は違いますよ? 警察やプロバイダに通報した場合は個人を特定することは容易になっていますから。

正式に礼状があったり、警察の捜査になった場合はIPアドレスから様々なことが割り出せます。

まあ上記のような書き込みを必死になって掲示板にしてる奴が、ウィルスを送ってる張本人なんでしょうが(笑)。心にやましいことがないならどこかにアクセスした程度で神経質にはならないものです。

私は海外のアダルトサイトでも気軽に接続していますよ。中には催眠術を悪用した映像とか女性を裸にするなんて行為を。得意げに晒している馬鹿がいますので一応はチェックしています。

そういったものを見ると不愉快になるので、これまでは極力見ないようにしてきたんですけどね。

Google AdSense(グーグル・アドセンス)に参加したり、成り代わりを防止するために公式Twitterを表示するようにしてから、屑みたいな連中が「フォローしてくれ」「返信をくれ」「宣伝広告が載るのを許可しろ!」と求めてくることが多々あったので。

仕方なく時折、チェックしています。

ウチでアク禁(IPによるアクセス禁止)を食ってるのは、ほんの数人だけです。

ディレクター

「あなたに感銘を受けました!」

とほざきながら、スピリチュアルだのどんな悩み事も一瞬で解決するだの、禁煙やダイエットが「わずか一日で」解消する、催眠で治せるなどと言い張る連中がいます。

そういった屑連中はTwitterフォローもサイトもすべて蹴っています。

どんなサイト、ホームページでも同じことですが。

普通に見る分には何も問題はない。

効果が怪しい健康法とかスピリチュアルでも。私と関係ない所でやっているなら手出しも口出しもしませんよ。そういったものが正しいとは一ミリも思っていませんが、私は正義の味方ではないので。

一々、ハッキングするとか個人を特定してぶっ潰してやろう、と考えるほど若くもありません。

Google AdSense(グーグル・アドセンス)経由でウチのサイトに広告打とうとしたり、Twitter経由で宣伝広告してくれ、個人的にフォローしてくれって言ってくる連中を嫌って蹴っているだけですね。

個人の誹謗中傷ひぼうちゅうしょう、爆破予告とか殺人予告とかウィルスを送りつけるような犯罪行為を繰り返すと。警察やプロバイダに通報されて逮捕されることになります。

そういった時にIPアドレスは証拠として必要となります。

そういった行為をやらないなら、怖がる必要なんてまったくありませんよ。

毎日のように数千万人が検索してどこかのサイトを覗いたりショッピングしています。その全てのIPアドレスや個人情報を精査したり調査したら。手間と暇がいくらあっても足りません。

サイトに繋ぐ方は大勢で。管理する側は少ない。

明確な迷惑行為や犯罪行為以外は無視するか放置するものです。ウチだって同じ。

どこで何を聞きかじったのかは知らないですが・・・。IPアドレスのことを勘違いして半端な対策をしている人もいます。映画やドラマ、マンガの見過ぎ。

私が前もって「これは小説ですよ」「フィクションですよ」と書き込んだ意味も理解していない。

個人を特定できる方法を私が知っていて実践しているなら。その「具体的な方法」を。自分のサイトで公開するはずがないでしょうに・・・。一言も触れること無く伏せたままで利用していると思いますよ?

その部分に「触れた時点」で接続者に警戒されるんですから。

それをここに公開している時点で。すでに広く知られた方法で、そんなに目新しいものでもないのです。

そりゃあなたが超がつくほどの大金持ちで(笑)。パソコンやスマホの中に気軽にパスワードや重要な情報を放置していてアクセスしたら儲かるなら話は別でしょうけどね。

たいていは単なる一般人で。特殊な情報とか知識を持っているわけではない。最近はクレジットカード会社も銀行もセキュリティを強化していますから。

暗証番号や銀行口座番号だけでは出金や送金も難しくなっています。

スマホや携帯、メールアドレスで確認して「ワンタイムパスワード」の入力を求められることが多い。振り込め詐欺の連中が自宅に直接押しかけるようになったのも。そういった地道な対策が功をそうしているからです。

そんなこともわからないお馬鹿さんが増えたんでしょうか?

インド、アメリカ、カナダ、韓国、中国、と他にも各国から踏み台を利用してウチに繋いでる人がいます。

それがまあ知識がなくて半端なので。かえって恥ずかしいというか珍妙なことになっています。

Cookie(クッキー)データの利用法

ウチが「わずか数人」のために海外からのアクセスを遮断したり、時にはIPで蹴っているのは「悪意のあるたった数人」が手を変え品を変え、各国から執拗に攻撃してくるからですね。

そういった愚か者は決して大勢ではないんです。ほんの数人が荒らし行為や嫌がらせ、誹謗中傷を繰り返すだけで。サイトの運営管理者は大変だったりもします。

掲示板がアク禁になるのはそのせいですよ。

巻き添えでプロバイダ全体、携帯キャリア(SoftbankやAU)全体を繋げなくなることがあります。

ウチの場合はデフォルトの管理アドレスであるadminアドミニマスターとかWordPressわーどぷれすの管理画面、プラグインのバグを使った侵入を試みるので。仕方なくふさいでいるだけ。

ですので、迷惑行為をしないなら個人で見に来る人が誰であろうと気にもしませんし。

正直、どうでもいいのです。

情報を転送してヒット数を稼ごうとしたり。更新したばかりの記事やページをそのまま自分が書いたかのように偽る連中がいるので。海外からのアクセスや踏み台を利用したもの、スマホを経由してインドや韓国、中国から繋ごうとするものは蹴ったり警戒することになります。

放置したらそれがそのままセキュリティホールになってしまう。

誰か個人を特定して蹴ろうって話ではなくて。裏口を使ってくる人は例外なく塞ぎます。

どんなに真面目に取り組んだとしても。屑ってのは日々押し寄せてきます。

安易なお金儲け、深刻な悩み事とか病気で苦しむ人を利用して私腹を肥やそうとか、身勝手な行為をやってだまし取ろうとする悪党なんて。それこそ掃いて捨てるくらいいますよ。

そういうのが毎日のように広告を打ちに来たり、親密さをアピールしようとしてTwitterから連絡をとろうとしたり、メールを送りつけフォローに来ます。

Google AdSenseの広告料なんて。最大でも一日に数百円です。

ウチのサイト程度のヒット数では儲けなんて出ない。

それでもそのまま放置してあったのは明確なメリットがあったから(笑)。

今後、小説とか動画をメインにするならGoogle AdSense広告も外すことになるでしょう。

Cookie(クッキー)データって知っていますか?

AmazonやYahoo!で買い物しますよね? 自分では意識してないですが、見た商品の情報がサーバーとかパソコンに記録されます。

パソコン用語ではCookieくっきーを食わせるとも言いますが。

どんな嗜好しこうがあってどんな商品を探しているか、何を求めていて買ったのかなどの記録を調べるためでもあって。一定時間が経過すると「自分のパソコン」やサーバーからは取り除かれます。

ずーっと残しておくと膨大な量になりますから。だいたい数日から数週間ですね。

もちろん個人ユーザーがCookieを拒否したり手動で除く方法もありますが、検索結果などが反映しなくなるのでむしろ不都合が出てくることもあります。捜し物がある場合はそのままのほうがいいでしょう。

さっきまで検索していたり。自分が欲しいと思っていた情報とか商品の宣伝広告が次々と表示されるのはそういった仕組みがネットとかパソコン、スマホに「最初から備わっている」からです。

元は犯罪の抑止のためで今は販売促進とか宣伝広告目的が大きいですね。

消費者のニーズとか動向を調べようって意味もありますし、エンドユーザーが「探している商品や情報に」容易にたどり着くための支援でもあるわけです。

「別の端末」パソコンやスマホを用意するのがセオリー

ネット広告最大手のGoogle AdSenseも当然、Cookieデータを参照しています。

ですからね。Cookieを削除せずにうちのサイトに繋いだら(笑)。前にどんなサイトを見ていたか、どんな地域にお住まいの方なのかが、丸わかりになってしまいますよ?

もちろん、私はCIAではないので。個人のパソコンとかスマホにアクセスして「Cookieデータや個人情報を盗み出す」なんて真似は出来ません。

ではなぜわかるかというとですね。超能力とか得意能力や推察力ではなくて。

これがGoogle AdSenseぐーぐる・あどせんすのおかげだったりします。

Googleは広告屋ですので。少しでもクリック率を高めたい。

誰も見ない広告に金を払うスポンサーはいません。

「催眠術」で当たったサイト、老舗があるならそこには「催眠術に」興味がある連中が押し寄せるようになります。ですからそこにGoogleは積極的に「催眠関連の」広告を表示して掲載しようになるわけですね。

催眠関連を私(サイト運営者)が蹴るなら。

次に「閲覧者が興味があった商品」や、過去に訪れたサイトを表示しようになります。

ウチでよく表示されるのは学術論文の翻訳とか、医者の転職サイトとか。看護師の衣装やスリッパを通販しているサイトとか。それはお医者さんとか医療関係者が複数、訪れていることを意味します。

反対にフリーターや無職の人の求人広告、健康関連グッズなども多い。

「ウチだけを見るために」端末を用意することはない。普段から買い物とか仕事、連絡に使っているパソコンとかPADとかスマホを用いるでしょう。少なくとも接続回線や環境は同じになることが多い。

すると所有者が「事前に見に行っていた」Cookieデータを元に。最大手Google様が

「あなたは北陸でマンションを探していたでしょう?」

「あなたはお医者様ですね? 転職をお考えではないですか?」

って広告を打ちに来ることになります。

私が普段、まったく利用しないサイトの広告が表示されるようになっています。宝石関連、以前に仕事で携わった百貨店の広告とかね。

Google AdSenseはよく出来ているので。クリック率や閲覧率が高くなりそうなものを選択します。

それは私が「スーパーハッカー」なのではなく。あなたの端末内にある「Cookieデータを」元にしていると思いますよ?

それがウチにも広告として載る。Google AdSenseの広告をチェックすると地域とか購読層がわかるわけです。私は途中でそれに気がついたのでGoogle AdSenseをそのまま残してます。

ウチの熱心な読者なんてね(笑)。せいぜい数百人くらいのもんです。

練習会の参加者とかテキストの購入者はデータベース化もしてあります。購入者のおおまかな住所、熱心だったり異様? な雰囲気のメールを何通も送ってきた人は正確に記憶していたりもします。

で、Googleの広告を見ると傾向や地域が推測できる。「ああ、北陸に住むあの人がインドの端末でわざわざ接続してんだな」「イランに行ってた商社の人は日本に帰ってきてんのか?」と思ったりするわけで。

スパイ物とか映画でも定番ですが。どうしてもバレたくないと思う方は最初から「別の端末」を用意するものですよ。専用にしてパソコンやスマホごと捨ててしまう。それが簡単です。

私はカルト宗教、いわゆる洗脳騒動を起こしている連中と闘っている最中は中古のパソコンを複数持ってました。日本橋や秋葉原の中古屋で買ったり。わざとヤフオクで探したものです。

体調不良もあってね。いまはすべて処分してしまいました。

ノートパソコンなどは大事にしてたものもありますが、殆どを誰かに安く譲った。

少なくともアクセスログを気にするなら。最初からCookieデータは削除するべきですし、直前に別の「催眠術のサイト」を何度も見に行ってはいけない。それだけでどこの関係者かわかったりする。

まあおおよそに過ぎませんし、正確にすべてが割り出せるものでもないですが。

高度にネットや情報化端末、Googleなどの検索エンジンが発達した現代では。私がサイト運営を開始した20数年前とは状況が異なりすぎています。全部を隠し通すのは不可能でしょう。

ネットが発達し始めた時にもっとも喜んだのはテロリストや犯罪者だったのですが。今では足がつきやすいからとアンダーグラウンドな職業、犯罪者はネットを使うことを避けるようになっています。

昔ながらの手紙とか暗号を使うようになっていますが。郵便局もコンピューター化が進んでいますから消印の日付でどこのルート、どのポストから回収された郵便物かがわかってしまい、防犯カメラで顔が割れて捕まっている実例があります。

犯罪行為さえしなければいいだけの話で。気にするだけ無駄なんですよ。

不正行為とか犯罪行為、ものまねや盗用を繰り返す人でないなら。いつでも堂々と見に来てください。

うちの場合、危険なんてありゃしない(笑)

プロバイダのお仕着せのブログを使わず、わざわざレンタルサーバーにお金を払い続けるメリットはその部分にだけはあるのかも知れないですね。

プロバイダのブログ(はてななど)はIPアドレスの参照は許可していません。運営管理者でも見られないログはあります。ただし、そのかわりに荒らし行為があったらプロバイダが対処してくれます。

私が手にする情報はどんな個人サイト、中小企業、ショップモールでも普通に手に出来る程度のものでしかありません。どこのサイトでも同じ。ですから悪用なんてできませんよ(笑)。

あくまで荒らし行為、ウィルスを送りつける馬鹿相手の対策として基本的なことをやっているだけです。

警察やプロバイダでもIPを確認してログを残せと指示されます。

これまでには何件か、通報せざるを得ない悪質な連中がいましたので指示に従ってます。

ウチは出演依頼、講演依頼、果ては「テキストの販売」まで辞めて無料公開しているんですよ?

今はネット経由での依頼を引き受けていないんですから。

その私が。ネット経由で見に来る人に何を仕掛ける必要があるっていうんでしょうね?

ディレクター

「あそこは危険だ!」

ってほざく幼稚園児のような男に。ぜひ一言聞いてみたいもんです。

荒らし行為や犯罪行為、または「うちのサイトを宣伝したいから手伝え!」ってわめく異常者以外には関係ない話です。IPアドレス、アクセスログはそういった連中への対策以外には使うことはありません。

もちろん私からメールを送ることもないですね。

私は別れた元彼女にだって、なかなか返信を出さない人なので・・・。

現時点で私が返信を出すのはよほど親しかったり、過去にお世話になった方だけです。

別れた女性なんかは特に、幸せにやってるならそれに越したことはない。波風が立たないようにこちらからは連絡しないのが礼儀だと思っています。だからSNSやTwitterでもフォローはしない。

昔の彼女とか彼氏をフォローしたり、関係を匂わすような書き込みをしてる人をみると。頭は大丈夫なんだろうかと心配します。それをみて嫌な思いをするのは現在のパートナー、その後付き合い始めた彼氏とか彼女、現在の奥さんや旦那さんだと思うのですが・・・。

SNSやネットが発達した現代だからこそ、守るべきマナーや常識もあると思いますよ。

私が「催眠術」なんて特殊なコンテンツを実名でやってなかったら。いくらでもフォローするんですけどね。

ウチで蹴られたり断られた連中がそっちに押しかけても困るので。リンクやフォローはすべて断っています。相手を嫌っているのではなく迷惑になりたくないからですね。

虫の知らせとか「何かをネットで目撃」したり、通報が入って。万が一を心配する時にだけこちらから連絡しています。

どんなサイトであろうとも宣伝には加担しません。

Google AdSense経由であっても催眠系、セラピスト系、前世がスピリチュアルが「私なら難病が治せる!」って煽ってる屑は発見次第、軒並み蹴ってます。

私とは無関係な所で。お好きなだけご自由にどうぞ。

危険があるとすればTwitterやブログ、SNSを通じて参加者とか練習生を盛んにあおったりつのっている所ですよ? すべてを取り止めているウチではない。

依頼者を集めて一儲けを企んでいるような所はアクセスする時に「IPアドレスやCookieデータ」にも注意する必要があります。催眠の名を借りた悪質なカルト、紹介販売や勧誘詐欺もありますから。

ネットで催眠術の被験者を募集する行為は私はやってません。催眠術の名を借りたナンパや性交渉をしている連中は大嫌いなので。フォローも遮断。そういった書き込みを発見したらすぐに外しています。

アダルトサイトに女性を感じさせるって動画を無許可であげてる屑と、私は一緒になりたくないです。

これも実際に何人かいたんですよね。

こちらから被験者をお願いするとしたら知人や友人の紹介か、ご本人からやってみたいと依頼があって「きちんと報酬を手渡す形で」肖像権を買い取り、許可を得た人だけになります。

テキストや過去の指導用に作った動画に出ていただいた方は。きちんと了承を得たり報酬を支払う形になっています。こちらが許可をとらずに無断で使ったものは一つもありません。

撮影技術や編集技術が上がっても、動画をしばらく更新しなかったのは。

動画が古くなったら拡散もされなくなる。被験者となった方たちも見た目が変わりますから。画質や音質をわざと落としておいたりね。固有名詞も消してあります。そうすればご本人だと自分から名乗り出ない限りは危険性が少なくなるからですね。

女性の服装とか雰囲気も性的なイメージを強調しないよう、ミニスカートとか身体の線が出るものは極力避けるなど、以前から心配りはしています。

その辺りの種明かしもそのうちに小説で予定してます。

催眠治療と称して女性をナンパしたり。その様子を平然とアダルトサイトに晒すような馬鹿とか屑とは基本的な考え方が違いますよ。

私の本質は「催眠術師」でもないですよ

私はそもそも「催眠術師」でもなかったんですけどね。

これも少し前から種明かししていますが。文章をる能力だけで食ってたと思います。

ホームページを更新してテレビ局の番組をひっかけ、出演機会を得て「催眠術」実力の証明をして。あとは番組を見た人が「テキストを購入」してくださることで生活の基礎を得てました。

講演会の内容も自分で整えて考えてしましたし、文章力と構成力、人前で「話す力」だけで商売していたようなものです。これが催眠術師としてだけ活動していたら。

とっくに行き詰まっていたでしょう。

依頼とか施設の運営だけで軌道に乗るわけがない。トラブルの解消には膨大な手間がかかる割に感謝はされず、当然のことのような態度や報酬の支払いはしぶる人が多い。

それに気がついた時点で方針転換して、体験談や技術を文章として切り売りしています。

だから小説や商品レビュー(YouTubeを含む)がメインになることにも抵抗がないわけです。

東京にいた頃に

俺
若い頃の雰囲気

これからは動画編集の時代だ!

と主張しました。まだYouTubeが発達する前ですね。ネット経由でのそういった商売が今後は当たると踏んで撮影機材や動画編集についての基礎を学んだ。

番組収録時もアイドルにもタレントにも何も興味がなかったので。スタッフに撮影手法や手順、機材についてだけ延々質問して呆れられましたっけ。

俺
若い頃の雰囲気

これからはうどん屋が当たる!

とも主張しました。すかいらーくなどの大手ファミリーレストランでも講演したことがあって。

うどん屋が当たる、冷凍食品や茹でたものを温めて出すフニャフニャの麺ではなく手打ちで勝負するべきだ、と言う私の言葉を鼻で笑う経営者とか食品関係者が多かったのです。

今では「丸亀うどん」が。海外にまで進出する勢いですけどね。私が当時、主張したままの営業形態で。ああいった成功例を見れば見るほど「やはり、あのタイミングだった」とも思います。

他には

谷口
谷口

コンビニを中心とした宅配システムを整えるべきだ。

 

とも言いましたよ? 

講演会で知り合った伊藤忠の方に話した時には同じく鼻で笑われましたが(笑)。

まだダイエーがイオングループに買収される前の話です。Amazonが日本に進出して成功する前。

ダイエーなどが完全に傾いてしまう前にコンビニを中心とした配達システムを広げて「ネットを利用した」宅配サービス、物流の拠点とするべきだとの主張をしましたが、誰からも相手にされませんでしたね。

今ではクロネコヤマトがAmazonと組んでいる。配達が多すぎて破綻しかかっている物流システムを支えるためにコンビニ受け取りを積極的に勧めるようになっています。

20年以上前の話で。早い発想だったと思います。

あの当時、そう主張していた人間は珍しかったのでしょう。だから鼻で笑われた。正直、悔しかったですよ。私が予想したものがその通りにヒットしたり実現していく姿を見ていますから。

そこがまあ、背景や学閥の無さの悲しさです。どんなに何かを思いついてもそれを実現させる手段がない。

若い世代に「先生、これからのために何を始めたらいいですか?」と聞かれた時に。

谷口
谷口

まず勉強して大学に行きなさい。

と私がさとしてしまう理由でもありますね。

何かをげるためには力も必要になります。内容が正しいかどうかではない。発想や思いつきが先進のものだったとしてもそれを「受け入れてもらう」ために、学歴なり背景なり何らかの裏打ちや支援がいる。

NGT? のお嬢さんなども若いので。再出発のために勉強し直してもう一度、頭角を現して欲しいですね。グループから追い出される形になっている「ももクロ」の女の子にも頑張ってほしい。

もちろん私は彼女を洗脳? した精神科医ではないですし個人的な繋がりはないですよ(笑)。芸能事務所も持ってませんし。そこの部分は誤解なさらないように。

能力とか魅力のある若い世代が。不幸な巡り合わせで評価されないとかどこかから追い出される形になっていたり苦労している姿をみると。どうも昔の自分と重なるようで胸が痛いんですよね。

感覚的に父親みたいになってしまう。

政府の動きとか見ているとね。やる気あんのかとも思いますね。

クロネコヤマトに圧力かけて郵便システムを守ったくらいなんですから。メール便はそれで潰されたようなものです。本来なら郵政民営化とのセットで「民間でも手紙や私信を扱える」ことは目玉のはずでした。

旧郵政省との兼ね合いもあったのでしょう。一度は通ったものがひっくり返った。

私は全部を民間で営利目的でやればいいとは考えていません。ただし、だったら物流やネット環境を整えてAmazonとか外資系に日本企業が負けないような後押しを。今、しっかりする必要があると思いますよ。

今すぐにでも出来そうな「手立て」とか、面白いアイディア、新たな物流システムは思いついたのですが(笑)。学閥や背景のない私がこれを主張してもまた鼻で笑われるか。

誰かに「パクられる」だけでしょう。

そこは伏せておくことにします。

まあ、今後はフィクションの世界で小説にでもしますよ。

PS.

相変わらずの体調不良で。アイディアや企画があっても体力がついていかない。高熱にうなされる中で何かをやっても理解されなかったり、罵られることも多々あるわけで。心情としては辛いですね。

ま、何とか生きてます。

2019年03月05日

谷口信行

スポンサーリンク
超合金ニューZ
関連記事とスポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
楽しい催眠術講座