催眠

スポンサーリンク
正しい催眠誘導の方法

正しい催眠誘導の方法 / 第二十九章

覚醒(180〜183ページ) 自分で気持ちよく目覚めるために深化法で用いた階段のイメージを逆向きに上がりましょう。その後、 消去動作を行って身体を動かし感覚を戻しておく必要があります。自己催眠、自己暗示は難しい部分も含みますが、粘り強く行っていれば必ず効果があります。私自身も気弱だった自分を変えた一人です。
正しい催眠誘導の方法

正しい催眠誘導の方法 / 第二十一章

特別付録「安全に行える自己催眠の方法について」 自分の性格とか考え方、行動パターンを一気に激変させてしまおうという考え方は危険です。能力開発セミナーとか意識改革を謳う危険な団体やカルトも増えています。催眠は「誰かを一瞬で別人のように」するものではないですし、自己催眠でいきなり身体が動かなくなったら異常です。
正しい催眠誘導の方法

正しい催眠誘導の方法 / 第二十章

ストレスの軽減と一日の流れ(124〜131ページ) ダイエットの具体例を私がこれまでに行ってきた手法から紹介しています。無理やりに我慢させる手法は使いません。水分量を増やし噛む回数をあげて食事を美味しくすることで全体の量を減らします。短時間に一気に食べてしまうことを抑えてストれるのないダイエットに取り組みましょう。
正しい催眠誘導の方法

正しい催眠誘導の方法 / 第十九章

暗示の使用例(98〜122ページ) 私はいくら催眠とはいえ依頼者や被験者に「無理やり我慢させる」ものではないと考えています。催眠以前にダイエットのための正しい知識を持ち、その上でストレスを軽減して便秘などを解消し「綺麗に痩せる」方法、リバウンドしない方法を考えるようにしましょう。
スポンサーリンク