アーカイブ
カテゴリー

Steins;Gate – シュタインズゲート –

こりゃ凄い。なかなかのもんだ

新しい才能が育ってますね

STEINS;GATE Vol.9【通常版】 [DVD]こういう作品を「佳作」(かさく)と言うべきでしょうかね?

佳作(かさく)というと、大賞を逃した作品とか入賞に次ぐ作品のように勘違いする人も出ますが・・・。

本来の意味での「佳作」とは、マスコミとか世間に大きく注目をされたり騒がれてはいないが、とても優秀な作品、優れた内容という意味に使われます。

そういった意味でシュタインズゲートには極めて、似つかわしい言葉だと思います。

もっとも、私は原作を読んでいません。

メディアミックスとして構成され、漫画と小説があるようです。元はXbox用ゲームが原案だとか。

どちらかというと文章から入る私としては珍しいのですが、今回はアニメの論評です。

新しく書こうとしている小説の構想を練ってたんですが、やはり古い話としてだけではなく現代風にアレンジもしたいですし、続編を考えるなら新しい言い回しとか言葉遣い、服装や流行しているものについては把握する必要も出てきます。

DVDを複数取り寄せて、ネットでも動画を見つけていくつか見てみたんですが、特に印象に残った数作品について感想を書こうと思いました。

この作品では、主人公である岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)が、事件に巻き込まれ、自分の幼馴染である女性、椎名 まゆり(しいな まゆり)を救おうとする話です。

こう書くとサスペンスのようですが、主軸にはタイムトラベルの話が置かれており、基本的には近未来SFと考えればわかりやすいでしょう。

LABO(ラボ)と彼が呼んでいる研究所(実際にはアパートの一室)に集まるラボメン(メンバー)を中心に物語は展開してゆきます。

主人公は外見はともかく、精神的にかなり幼い。いわゆるネットでは「中二病」と呼ばれがちな青年です。

要するに妄想とか妄言とか誰かが聞いたら赤面しそうな設定話をしてしまう人で、「繋がってもいない」携帯電話で組織と戦う話をしていたりします。

アニメを見始めた当初はかなり我慢を強いられます。

まあ、私ももう若くはないですからね(笑)。2ちゃん用語とかネット用語と言われるものが連発するアニメとか漫画には、それなりに抵抗もありますし観るのが苦痛だったりもします。 Read the rest of this entry »

カレンダー
2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
番組出演、実験、検証等