催眠って、なんなの?

2017/12/01改訂
1997/06/00初稿

懐かしいですね、私が最初に書いたコーナーです

※2017年のサーバーの移動、WordPressの最新版を導入するに辺り、全ページの改訂、加筆修正とスタイルの見直しを行っています。

当時、印刷業の会社に勤務していた兄がパソコン(Mac)を使っていました。IllustratorやPhotoshopという名称ついては兄から教わりました。

IBMのノートパソコンでパソコン通信というものを覚えて。事務所の宣伝を始めたものの容量が少ない。思ったような文章の半分も載せられないことにイライラしていた時に、やはり兄からインターネットの存在を教えてもらいました。

「インターネット、レンタルサーバーを借りたら容量いっぱいまで好きなことを載せることができる」「パソコン通信やフォーラムのような文字制限がない」と。

当時はインターネットのことを私がまだ正確に理解していませんでした。GoogleやYahoo!などの大型検索エンジンも日本には無かったくらいですから。

国内初の商用検索サイト「Yahoo! JAPAN」がスタートしたのが1996年の4月です。その年の6月に私のこのサイトも始まっています。

USBなどの規格がまだ定まっておらず、パソコンとプリンターを接続するのも一苦労の時代で。SCSI(スカジー)という規格でぶっといケーブル使ってました。

検索エンジンのbotで自動巡回してインデックス登録してくれる現代とは異なっていて、一々、自分で登録に行っていた時代ですね。

催眠ってなんなの? というこのコーナーは。そんな中で私がホームページに最初に書いた文章です。

まだnobee.comという独自ドメインを持っておらず、雑誌に載っていた小さなプロバイダ、インタック(社名変更してインターネットウェア株式会社という名称で生き残っているようです)というサーバーを借りてのスタートでした。

よくわかっていない部分がある

催眠が何なのかといわれると、研究者であっても正確に答えられる人は少ないと思います。

「一点をじっと見つめることによる視野の狭窄(きょうさく、せばまること)から起こる意識の集中と、それにともなう自己(自我)の喪失と精神状態の変化」などと言われても、何のことだかわからないでしょう。

まるで呪文のようですね(笑)。

実は専門家にも催眠現象はよくわかっていない部分があるのです。いろいろと研究は進んでいますが、もっぱら利用方法についてがほとんどでしょうね。

「なぜ、催眠現象が起こるのか?」という部分になると個人差があったり、同じ人に催眠をかけてもその時々によってかかり具合がちがってしまったり、と個体差やばらつきが大きいため、分類や分析が難しいのです。

催眠の結果は千差万別です。様々な推測や研究は成されていますが、それら全てに完全に答えられる人はいないのではないでしょうか?

人が催眠状態やトランスに陥る(おちいる)または、意図的に入るのを説明するために様々な推測はは可能です。

子供の頃のトラウマや家庭環境、教育や社会習慣に答えを求める研究者もいますし、心臓の音、ドラミングや音楽にヒントを求める者もいます。

男女の差や年令、性格、脳の構造やホルモンのバランスなどから違いを見つけ解明しようとしている人もいます。

そのそれぞれに解明の糸口はあるのでしょう。

私個人の意見としては「催眠って何?」ということに、あまりにこだわる必要はないように感じます。

私達が気がつかないだけで、生活の中に催眠や心理学の応用に当たるものはたくさん存在するからです。

心理学の応用、催眠や真理誘導のテクニックはデパートの中やコンビニエンスストアにも、電車や広告の中にも様々な形で存在します。

※それらについては私のサイトを読み進めればわかってくると思います。パーソナルスペースについてやラマーズ法についてなど様々な紹介を行っています。

いわば理論よりも現実、利用方法や応用が先になっていますので。

宗教儀式の中には昔は心霊現象だ、と思われていた物がたくさんあります。

近年になって研究が進み、それらの幾つかの現象は催眠の一種(トランス状態)ではないか? と考えられるようになったものも数多くあります。

形式や理屈にこだわり過ぎるより、現実の利用方法を考える

アメリカやユーロの先進諸国では、催眠が何であるかというより、それが何に利用できるかを考え、積極的に取り組んでいます。

たとえば交通事故などに巻き込まれた際、ショックで現場の状況を忘れてしまったり、相手の車の特徴、ナンバーなどを覚えていないなどということはよく起こります。

そういった場合においても催眠は大きな成果をあげているのです。

催眠を用いて忘れている記憶を呼び覚まし精神的なトラブルの原因を探ろうとしたり、禁煙を行う際にニコチンの依存性を弱め、意思の弱さを克服して励ます材料としたり、ダイエットや行動抑制に用いるなどの利用や応用が行われています。

催眠現象がなぜ起きるのかもまだ解明はされていません。

被験性(非暗示性)にどうして個人差があり、場合によっては同じ人であってもかかったり、かからなかったりするのか?などについては、もうしばらく研究の成果を待たなければならないでしょう。

催眠現象を誤解して真贋(嘘かホントか?)にこだわりすぎて、正しい利用方法や知識の普及を考えないなら片手落ちになると思われます。

催眠の応用方法や心理学の一部の知識や技術を変型して、お金儲けや自らの営利や欲望を満たすために悪用しようとする人達もいます。

例えばカルト宗教やマルチ商法、集団で高額な商品を押し付けたり、セミナーと称した合宿で強引な勧誘、洗脳行為を行う連中もいます。

そういった連中をけん制したり、家族や友人を守るためにも知識や技術の普及は不可欠なんですよ。

真贋や形式に囚われ、催眠の技術の勉強、心理学の知識や利用方法や応用を学ぶ姿勢を忘れることがあってはならない、と私は考えています。

催眠(トランス、おまじない)の意味と背景

催眠の歴史は古く、人類の発生と共にあったといっても過言ではないでしょう。

催眠をかける方法は大きく別けて三種類になります。すなわち、

1.音や光を使う方法

2.触角による方法

3.文章を読むことや、話しかけるなど、言葉を使う方法

に別けられると考えられます。

太古の昔は、狩猟のおりに捕れた獲物や収穫を祝って、集団で火を取り囲んで何かの音(太鼓や何かを叩く打撃音など)に合わせて、踊ったり舞ったりしたそうです。

それらの一部は現代においても「祭り」という風習として残されています。

トランス(自分を忘れ、忘我の状態に至る)という意味を考えるなら、祭りや宴会などにおいて、大勢で踊りながら「我を忘れる」なども、集団催眠の一種と考えてよいでしょう。

巫女さんが神託を受けるため、お寺で護摩を焚き長期に渡って勤行を行うのもトランスへと自らの精神を導く手法とも考えられなくはないのです。

その場所が現代においてはクラブやディスコなどといった現代風の名前に変貌をとげようと「音と光」に引き付けられ、そこで大勢が集い、踊りながら我を失う光景は、太古の集会の姿、踊り狂う民衆の風習とあまり変わっていないのではないでしょうか?

人は時折、全てを忘れたいんですよ(笑)。

忘我(自我を忘れる)だけではなく、神とか大きな意識に触れるためにトランスを利用することがあり、トランス(催眠)は各国の宗教とも密接な繋がりがあります。

4.子供の頃の「おまじない」

現代においてトランス状態(催眠状態)をつくり出すには、全部の要因(光と音、接触など)を複合的に組み合わせて使うことが多いと思います。

催眠状態や催眠におけるテクニックを、あまり複雑に考える必要はありません。一種のおまじないというか、言葉や他人との触れあいの中にもその一部を垣間見ることができます。

皆さんは子供の頃、こんなことがなかったでしょうか?

あなたが子供の頃、外に遊びに行っていて道で転んでしまいました。膝をぶつけて痣を作ってしまいました。痛くてたまりません。

あなた:「お母さん、痛いよー、痛いよー」

と、あなたが家に帰って泣いていると、お母さんが優しくあなたの膝にてを当てて、

お母さん:「痛いの痛いの飛んでけー」

といって、膝を優しく摩って(さすって)くれませんでしたか?

するとなぜだか不思議に痛みが和らいだような気分になり、泣きやんだり、元気に遊びに行ったりしたことはなかったでしょうか?

これなどは、子供を安心させる「言葉」と、優しく触ってくれる「触角」からなる「催眠」(暗示といってもよい)にかなり近いものです。

「おまじない」は漢字で書くと「お呪い」(御呪い)になります。祝詞(のりと)などに象徴される呪(のろい、本来は神からのお告げ)にも繋がります。

※呪いはマイナスのプラシーボのコーナーなども参照

催眠(広い意味では暗示)とは決して複雑で難しいものではなく、昔から当り前のように私達の生活の中にあったのです。

催眠の歴史と現実

催眠は生活の中にあったのですが、「催眠」という言葉ではなかったのではないでしょうか?

例えば原始の時代、薬や医療といった概念のない頃は世界中で「お呪い」(おまじない)などに似た行為は広く行われていたと思われます。

シャーマンや巫女、神に仕える者は古代から世界各国に存在します。

占いや詔(みことのり)託宣(神からお告げを賜る者)は世界中に伝承として残されており、その時代時代を動かす原動力や道しるべともなっているのです。

現代における薬(投薬)や医療も、もともと人間の持つ抵抗力を高めることにしか役に立ちません。

細菌ならば抗生物質などが使えます。

残念なことにウィルスを直接的に攻撃して殺すことに成功した薬はなく、あくまで補助的な対症治療法に過ぎないのです。

※1997年の記述です。2011年にマサチューセッツ工科大学(MIT)リンカーン研究所により提出された論文ではウィルスを直接攻撃して殺すことに成功したと書かれています。 ただし、このコーナーを改訂している2017年の時点では研究段階で製薬化には未だ成功していません。

皮肉なことに日本の催眠の技術が発展をとげたのは、戦後間もない頃といわれています。

物資や薬などがまったくなく、助けてあげられるはずの患者さん達に何も行うことができず、多くの怪我人や病人、患者が救う術もなく死んで行きました。

手を拱いている(こまねいている)しかなかった医師達がある発見をしました。普通、常識では考えられない重傷を負っている患者の中に痛みをまったく感じない人達とか、恍惚とした表情を浮かべた人達がいることを発見したのです。

痛みを感じない、ということは長時間にも及ぶ手術やそれに伴う痛みにも耐えられることを指します。心因性のショック症状を起こして命を失ったり、暴れて多くの出血をすることがなくなるからです。

「これを治療に利用できないか?」

と考えた人達がいます。

「なぜ痛みを感じず、恍惚とした表情をしているのか?」をそれぞれが調べ、考えるうちに周囲の話しかけ方や対応に、痛みを感じなくさせるヒントがあるのではないか?と 推測して治療に用いる人達が現れたのです。

手足を失うような大怪我、空爆や事故に遭ったにも関わらず恍惚とした状態で痛みを感じないが起こるのは「死なずに助かった」ことに対してホッとしてしまい、一種の現実感との隔離が起こるのではないか? と考えられています。

大きな事故に遭った直後、自分の命が助かったことに感謝している間には一種のショック症状のような状態になってしまい、現実感を失います。

何を話しかけても頷くだけしかせず、何時間も場合によっては何日間も記憶がない場合もあります。

傷を負って「痛い」という感覚よりも自分が死の直前に迫り、逃れられないと思った恐怖が遠のいたことに意識がマヒしてしまい、現実感を喪失して痛みから遠のくのです。

死なずに済んだという安心感と、そしてそれを周囲が助長する働きかけ。

つまり「痛くないぞ。すぐに助かる!」となどと話しかけることで、更に痛みを打ち消し、恍惚感を引き起こすことができるのではないか、と考えられたのです。

脳内物質

何かと話題にのぼり研究が進んでいる脳内麻薬とも、どうやら催眠は深い関係がありそうです。

「幸せだ」と感じたり、何かの危険にあって「助かった」と感じる場合、安心して「ホっとする」場合など、人間は緊張がほどける時、脳内には大量のエンドルフィンが分泌されます。

逆に危険を察知したり恐怖を強く感じた場合、人間の脳内には大量のドーパミンや、ナノアドレナリンといった強力な物質が分泌されます。

ドーパミンなどの分泌を抑え、エンドルフィン優位に脳内物質が傾けば、一種の麻酔と同じ働きをする筈なのです。すると、痛みや苦痛(精神的な痛み)は遠のきます。エンドルフィンは麻酔物質、幸せホルモンと表現されることもありあmすね。

実は同じ脳の中から感情の働きによって分泌されるとはいえ、ドーパミンは強力な毒性を持っています。

ドーパミンは急に身体を動かさなければならない状態、つまり自分に危険が迫った場合、例えば車が飛び出してきたり、上から危ない何かが落ちてきた際などに強烈な刺激を与えて身体を動かすために必要な措置になります。

「避けるんだ、逃げろ!」といった指示を強く打ち出す場合、快楽物質とか幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィン系では役に立ちません(笑)。

痛みや現実感は遠のきますが、そのままニッコリ笑ったまま上から落ちてきた鉄骨に押しつぶされることになってしまいます。

ですから毒をもって毒を制す、じゃあありませんが、強力な刺激でもって全身に「動け!」との強烈な指令を与えるのです。

バットで後ろからぶん殴られるようなものですね。

ただし、いくら危険から身を守るためとはいえ毒は毒でしょう。いつまでも出しっ放しという訳にはいきません。

ですから、毒を中和するために大量のエンドルフィンを必要とするようになります。

先に強力な薬(毒性のあるドーパミン)を用いて危機から脱出させ、その後、その毒性のある薬を幸せホルモンであるエンドルフィンを後から投与することで中和させる。

すると恍惚感が持続するわけですね。

ドーパミンもエンドルフィンも状況に合わせて分泌が起こります。どちらか一方に傾くと弊害がありますから、その両者のバランスが重要になるのです。

催眠中も誘導の方向性によって脳内には大量のドーパミンやエンドルフィンが分泌されることが知られています。ドパーミン優位に働けば幻覚を見たり、感情の昂揚感が得られます。エンドルフィンが優位に働くと多幸感が得られ、痛みなどは遠のきます。

それを意図的に行うことで生還率を上げたり、痛みを打ち消し、ショック症状から患者を守るために過去から利用されてきた訳ですね。

言葉には力がある

一歩進めた考え方をした人たちが存在したわけです。戦時とか戦後の動乱期には検査機器どころか薬も包帯もありませんよ。

食糧難で物資もありゃしない。病院に担ぎ込んだところで治療する道具や薬がなく衛生状況も悪いですから人はドンドン死んでしまいます。

そんな中で「おまえは助かったんだ! もう大丈夫!必ず助かる」とか、「痛くない! すぐに家に帰れるぞ!大丈夫だ」と励ますことになります。

気休めにも思えるかもしれないですね。励ましで腹は一杯になりませんから。

それでも経験則として「その励ましや話しかけ」広い意味では暗示や催眠が効果を現して助かった人たちがいたわけです。

だから戦後の動乱期に日本の催眠技術は発達して、原型を留めることになったのでしょう。物資が豊かで研究施設や検査機器が無事だったら。

「言葉の力や暗示」に頼ったとは思えないのです。

言葉による話しかけでドーパミンやエンドルフィンを操ろう、感情を左右して助かる比率を上げようとした先達達が日本にはいた事になります。

誰でも一度は映画やテレビドラマの中で医者が患者に訴えかけるシーンをご覧になったこともあると思いますが、あれは冗談やフィクションの世界ではなく、今も現実に医療の現場で行われている励ましの言葉でもあります。

そういった言葉をかけることで気力を無くして死んでしまう人などを支え、出血性のショックを押さえます。精神的な励ましになり「暗示」としての効果を持つのです。

専門家である医師が「助かるぞ!」ということは、患者にとっては特別な意味を持ちますし、母親とか占い師の「おまじない」とか励ましの言葉とはまた違った効果がありますよね(笑)。

これは今も医療の現場で行われている、ある種の催眠(暗示)だと思われます。

「言葉」は、ただの言葉かも知れませんが、現実には相手を活かし助けるだけの力が内包しています。タイミングを捉え、効率的に用いるならパワーとして確実に効く場合もあります。

家族を亡くし恋人に振られたり、何かを失った時、何の気なしに第三者がかけた言葉が励ましとなる場合もあります。

要はどんな道具も使い方次第ということです。

我が子に「おまえはダメな奴だ」などと言い続ければ本当にダメな子供に育ってしまうかもしれません。私個人は高圧的な言葉やマイナスのイメージを誰かが言い続けることで、その子の個性とか未来の可能性を刈り取ってしまう「暗示」となる可能性もあると思っています。

「催眠」つまり広い意味で捉えれば「暗示」とか「言葉」は、人間それぞれに備わった能力であり、秘められた力強いパワーなのかもしれないですね。

言葉も音楽や文学、詩や芸術も一種の道具、暗示や励ましに使えるツールと考えていいでしょう。

催眠、という現象を考える時、言葉の意味や使い方、人間の心因反応を知る必要があります。

皆さんも言葉の持つ意味と力を考え、その意味を浅く考えずに正しく用いましょう。言葉は他人を貶めたり中傷したり、悪口を言うのにも使えますが、反対に多くを支えることもできるのです。

自分自身を励ましたり家族を支え、社会を導く道具としてより良い方向に用いて下さい。

※「痛いの痛いの飛んでけー」などの事例を催眠現象を理解する一部として、私がこのホームページに公開したのは1997年です。開業当時の文章で、このホームページでもっとも古い記述ですね。

このコーナー、ホームページが書かれた時代と背景

当時は今のように検索エンジンが発達しておらず、ネット検索してスマホで簡単に情報が得られる状況ではありませんでした。

膨大な資料や書籍を読んで本屋や図書館に通って様々な推論を立てて自身のホームページに載せました。たかが1コーナーの作成に何週間、時には何ヶ月もかかったものもあります。

それを盗んだり、勝手に流用するものがいました。

後出しジャンケンで安易に丸パクリにし、さも自分が思いついたかのようにサイトとか雑誌、新聞紙上に載せる連中に当時とても腹が立ったものでした。

パーソナルスペースのコーナーなどが多かったですね。

あまりのことでとても驚いた。ヌード写真載せてるようなゴシップ週刊誌ではない全国紙までありましたから。もちろん引用先として私の名前やこのサイトの名称は載っていませんでした。

自分で調べて書けばいいものをアレンジもせず、文章や文脈、誤字や脱字、「私の作った造語」すら直そうとしない。まあ、その程度しか能力がないから丸パクリやモノマネを繰り返すんでしょうね。

私も一時期、嫌気が差して更新しなくなってたのですが・・・。皮肉なことに高速ネットやブロードバンド、CPUの発達で「誰がスタートでどこが発祥の地」か? がわかるようになってきました。

書籍や漫画の新人投稿とか大学や研究機関の学術論文などでも、ネットからの盗用がないか専門ツールで先に調べるそうです。結局はGoogleとかAmazonの台頭が盗用者、それも大手マスコミの捏造とか大学教授を名乗る連中の横暴を止めることに繋がっています。

残念なことにイラストとか素材集を無償で提供しているサイトでも、私と同様の状態に苦しみ更新や掲載を取り止めてしまった人達がいます。誰かが作ったアイコンやイラストを即座に盗んで「自分のほうがオリジナルだ」とずっと言い張るんですよ。

本当の製作者、イラストを描いている人が何度、抗議しても無視します。

そういった恥知らず、屑ってのは年代とか世代、職種に関係なく、いつの世にもいるものなんですよ。

検索システムが発達した今は違うのですが、一時はリンク数とか自作自演の小細工(出張で忙しいと書き込む)カウンター詐欺(自分たちでCGIカウンターを回して大ヒットしているサイトであるかのように偽る)をやってるパクリサイトほうが、検索上位に入るという有り様でした。

現代のようにGoogleやAIが発達していたらそういったトラブル、盗用やパクリも減ったのかも知れないですね。良いサイトもたくさんあったのですが。残念なことに一部の不心得者のおかげで無くなってしまったホームページが幾つもあります。

初稿のおおまかな内容は変えていませんが、時代に合わせてリニューアル時にレイアウトを整え、加筆修正を加えてあります。

1997年06月 初稿

2017年12月01日 加筆、修正

谷口信行

過去の出演のインデックスへ

スポンサーリンク

こちらも興味があるかも?

戻ってこれる人は本当の意味での運の良い人... 某番組の放送を前に、私の経験上の意見を これまでは触れていませんでしたが、私がそこまで肩入れしたというか洗脳に関する記述がこのホームページ上で増えた理由を書いておきます。 当時、洗脳に関する記述を載せるのには勇気が必要だった 私が洗脳に関する記述を最初に載せたのは1998年になります。謎の整...
2018年 あけましておめでとうございます... 新年のご挨拶と今後の予定について 今後はGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)やAmazon(Kindle)電子書籍、買った商品のレビューや改造を中心に活動しようと思います。 正直、二度とやりたくないリニューアルと改訂作業 新しいテキストや小説を電子書籍で出そう、と考えて準備に...
WEBマスターツールはGoogle Search Consoleに... セキュリティも進化しちゃって、ついてくのは大変 以前とは異なって今は数字画像を使ったチャプタータイプは使われてません。チャプターを設定する代わりにGoogle Search Consoleを使います。 結局、時代はGoogleなんですな 以前なら数字をフォームに打ち込んで認証してました。その...
GoogleAdSense 審査がわずか7時間で通ったらしい... 何事なんでしょうか? ネット検索と結果が違う 「嘘でしょ?」って思いました(笑)。 何しろGoogle AdSenseのアカウント獲ってたことも忘れていたり。Googleが買収する形でYouTubeとアカウントを共有、兼用になっていることも知らなかったくらいで。 「Gmailっ...