戻ってこれる人は本当の意味での運の良い人

私(わたくし)的な観察

某番組の放送を前に、私の経験上の意見を

洗脳に関する検索でたどり着いている人が多いので
これまでは触れていませんでしたが、私がそこまで肩入れしたというか洗脳に関する記述がこのホームページ上で増えた理由を書いておきます。

当時、洗脳に関する記述を載せるのには勇気が必要だった

私が洗脳に関する記述を最初に載せたのは1998年になります。謎の整体師? に洗脳を受けたとされるお相撲さん(固有名詞は外してます)や、X-JAPANのTOSHIさんの騒動を見て自分のホームページにそういったものへの注意とか警告を書こうと考えました。

当初はかなり短いコーナーになってました。そのコーナーを読んで問い合わせをしてくる方とか依頼が増えたので徐々に解説や対処方法を書き加えるようになり、今ではかなりの長編です。

全部で3万字ちょうどありますので、時間がある時にでも読んでみてください。

X-JAPANのTOSHIさん騒動は平成10年(1998年)なんですよね。私がこのサイトを開設したのが1997年で。1997年から2001年後まではテレビ番組にも呼ばれて出演していた頃です。

ホームページを持った3ヶ月後には東京キー局、TBSの生放送に出演していたわけで。すでに番組への露出もあって講演会も盛んにやっていた時期なので。本来ならそういったネタについて自分のサイトに書くのはタブーかもしれないですね。

仕事が欲しいとかテレビ番組からのオーファーを定期的に受けたいと思っているならば、そういった危うい話は避けるのが一般的でしょう。それでもあえて踏み込んでます。

私はあくまで「催眠術師」として露出しており、心理学の専門家とか脱洗脳のプロフェッショナルとして番組に呼ばれたことはありません。仕事とか生活を考えるならそういった部分には触れず、当たり障りのないように過ごすのが処世術というか当たり前なのかもしれないですね。

まあ、当時は向こうっ気も強かったですし、実際にカルト系ともやりあってましたからね。

ライフ・スペースとかオウムの事件が本格化する前の話です。

心理学系、催眠術系のいわば草分けみたいなホームページでしたから・・・。カルトと言われた連中からは軒並み接触を受けたり勧誘をされた経験があります。そういった連中の幹部がウチのテキストとかホームページの内容を参考にしていたり。

私も「そういった団体の仲間や一味か?」と疑惑を受けたのか、警察官と思しき人達が練習会に混ざりに来たこともありますよ? これも隠すこと無くこのホームページ内で公開しています。

実はですね・・・。これも初めて明かすのですが・・・。

X-JAPANのTOSHIさんが洗脳騒動の最中に四国にある私の友人の店に飲みに行ってたんですよ。私の古くからの友人が経営する店で、私の中高時代の同級生が店長を務めていたり。

そこの店員に神戸出身で被災した若い男の子などが働いていたり。私も出張中に偶然、神戸にいて阪神淡路大震災を経験していましたので。地元に帰った時にその店に立ち寄って話をしたりもしてました。

まだ神戸に住もうなどとは思っていない時期です。私は大阪在住でその後、東京に移ってます。

TOSHIさんが来店したおり一人きりで。サングラスはかけていなかったこと、普通にお酒も飲めば受け答えもしていたこと、とても「洗脳されているようには思えなかった」と友人や知人が話していたのを聞いて、「このままだと危うい」と考えて脱洗脳に関する詳しい解説を増やすことにしました。

自分が嫌な思いをしたから、他の人には避けて欲しい

もう十数年も地元には帰っていないので今はどうなっているのかはわからないのですが・・・。私が二十歳代の頃につるんでいた連中が四国で水商売やってまして。一人は成功して複数の飲食店、大きな割烹料理屋やショットバーを持つまでに至っていました。

私のホームページにある「友達ってなんだろう?」というコーナーはその友人たちのことを書いたものだったりします。

コンクリート打ちっぱなしの半地下の店でね。地元では割りと有名な店になってました。

不思議なめぐり合わせだなと思うのは。その友人の店にトシさんが現れた。

私個人は自分が「催眠術」とか「脱洗脳」に職業として関わるとは思っていなくて、テレビ番組に出たり自分が講演会をやるとも思ってませんでした。テキストの発売も含めそれは閲覧者からの依頼で始まったものばかりでして。サイト開設時の目的ではなかったのです。

X-JAPANの歌は私の腕立て伏せソングというか心が挫けそうとか折れそうになった時に、自分を奮い立たせるためにヘッドフォンで聞いていたものです。

ホームページを公開した当初は付き合ってた女性も「そんな仕事で食えるようになるわけがない」と逃げ出してしまった後で(笑)。催眠「術」の腕があるといっても駆け出しで何の実績もなく。

厳しい状況の中で目減りしてゆく貯金を数えていた。気力、体力が衰えないように毎日腕立て伏せ、腹筋やスクワットを数百回やって近所の長居公園(当時は大阪在住)まで走りに行ってました。

ロッキーのアイ・オブ・ザ・タイガーとセットでそれこそ擦り切れるまで繰り返して聞いていたものです。ですので熱狂的なファンというよりは、X-JAPANの代表的な数曲しか知りません。

ただ、私からすると特別な曲で。やはり思い入れが強くあったんですよ。苦しい時期の支えとなったグループであり歌だったので。まだ洗脳解除の経験は少なかったですが、拙いとはいえ私が知っていることをここに書けば多少なりとも力になるのではないかと考えた。

私は若い頃に都会に一人で出てね。住み込みで雇ってくれる店とかすぐに置いてくれる場所ばかりを探しました。当然、嫌がらせとか脅したり殴ってくる連中もいてね。何度も心が折れそうになることも多々ありました。ところが実家との折り合いが悪かった私には帰る場所がなかった。

誰にも頼れないとか、帰る場所がない状態で、嫌な連中に負けないように自らを励まし、身体を鍛えていた時に聞いていた曲なんですよ。

私も何度も騙されそうになったり、利用されそうになったことがあります。今で言うブラック企業なんてのは昔はもっとたくさんありましたからね。暴対法も風営法もクーリングオフも整備されていなかったですし、まして住み込みで友人や家族がいない状態で地方から出てきていますから・・・。

地方出身者には風当たりの強い大阪に住んでいましたし。ある意味では東京より面倒ですよ? 嵩にかかるとか人数で脅して何かを巻き上げようとか、宗教団体から誘われるとか洗脳されそうになった、変な会員権を売りつけられそうになったという経験も、実際に何度もあるわけです。

嫌な思いをすると人間は2種類に分かれます。

1.自分が嫌な思いをしたから、自分も誰かを騙したりうまく立ち回ろうとする

2.自分が嫌な思いをしたから、誰かにそういった思いをして欲しくないと願う

その二種類でしょう。どちらかというと「1」に傾く人が多いかもしれないですね。

私は自身がホームページという「ツール」を持った時に、警告というか私の書く文章で、自分と同じような苦い経験をする人が減ったらいいな、と思うようになりました。

そこに感情を込めて出来上がったのがこのホームページです。

洗脳問題は「時間が経ってからしか書けないこと」が多い

私個人の感覚としては、経験を積めば「人は思慮深くなる」なんてのは嘘ですよ(笑)。年齢を重ねたり経験が増えても馬鹿な人とか身勝手な人、仕事をサボる人、他人の責任にする人なんて幾らでもいます。

また女性の場合は特に注意が必要だと思います。たった一回の恋愛の失敗で風俗に転落したり売り飛ばされた、薬漬けにされてしまったような実例も数々見て知っていますので・・・。

若い時の失敗はしたほうがいい、というのは転んで立ち直ったことがあるから言えることです。実際にはその一回で致命傷になってしまうこともあります。そのまま死んでしまったり、「洗脳されたり利用されて」行ったきりになって戻ってこれなかった人は、誰かに経験談を語れません。

ですので、若い時の失敗は云々(うんぬん)という薀蓄(ウンチク)も語れないわけです。

「若い時の失敗は金を払ってもしたほうがいい」は、立ち直る事ができて。その後、仕事なり商売なりで成功を収めた方が言うから価値があるのであって。「自分は上手くいったから」孫や子供に教訓や家訓として伝えたいものになります。立ち直らなかった人は語らないでしょう(笑)。

「あの時、あれさえなかったら」「あいつのせいで俺の人生は台無しになった」と言い続けますよ。

単に失敗続きで何も成し遂げていない人が言っても説得力があるどころか、相手から嫌がられるだけでしょうね。成功者の教訓であって、実際にはそのまま消えてしまう例のほうが圧倒的に多い。

洗脳問題の難しさはその「わずか一回の失敗で」本当に致命傷になってしまったり、家族とか仕事、仲間や友人、財産や時には命まで失ってしまうことが現実にある、ということです。

助かるまで、というか対象者がきちんと帰ってきて安定するまでは迂闊なことが書けませんよ。今の御時世では「洗脳を企む連中」だってもネットは使います。こういった手口があって、こういった防衛策をとったほうがいいと詳しく書けば悪意を持ってる側にも簡単に届いてしまうでしょう。

ネットでは相手を選別して情報を届けることは出来ませんから・・・。

ですので、どうしても書ける内容は限定することになります。

稀に「洗脳なんて私なら簡単に解ける」と言い張る人もいますが・・・。それは絶対に専門家の言葉ではありませんよ。明言しておきますが、それは現実を知らないペテン師か大嘘つきの詐欺師です。

専門家ならその難しさは知っているでしょう。またネットやSNS、Twitterを通してのトラブルの拡大を理解しているなら詳細は伏せます。理由は簡単で洗脳を企む側に有利になってしまうから。

少なくとも私は「現役中」はそれに関する詳しい解説、誰の洗脳を解くためにどういった手法を使って、どこに匿ったり入院させているか? を自らが自慢したりネットに書くことはありませんでした。

相手はなんでもやれるが、こちらはそうではない

洗脳を行っている側が「性行為を」繰り返して支配下に置いているとして。脱洗脳者側(私)が同じ行為を行えますか? 洗脳する際に違法な薬物、麻薬とか大麻を使っていたら?

それが数週間どころか数ヶ月、数年間継続していたとして。自称専門家らがおっしゃるようにわずか数日や数週間で回復できると思いますか? 私は不可能だと思います。どうしても時間はかかる。

わざと恋人関係や愛人関係を結んでいるケースがあります。レズビアンやホモセクシャルでもないのにそう偽って支配下に置いているパターンもありますよ? 金目当てのカルトとか征服欲の強い異常者は。性別すら関係なくともかく恋人や肉体関係になって相手を操ろうとします。

信頼度を増すために「全員が兄弟姉妹だ」と言い張るのは大手や老舗の宗教団体でもありますが、カルトや営利目的の団体もそれを繰り返します。

組織内に「友達や仲間」を作る。恋人や友人を置いて逃げれないように縛ろうとしますよ? なのにそれが数日とか数週間で解消されて普通の生活や仕事に簡単に復帰できると?

だったら気が楽でしたね(笑)。

私はそういったものに積極的に関わることは辞めているので、すでに過去形ですが。

私が「◯◯さんの洗脳を解いた」とTwitterやこのホームページに書いたら。カルトや洗脳をやってる連中もそれを読みますよ。彼らは知るでしょう。「せっかくかけた洗脳が解けたんだ」と・・・。

「もう一度、しっかり取り込もう」「今度はうまくやろう」と思いますよ。

手を変え品を変え接触を図ってきて。また連れ去ってしまう。

状況はどんどん悪化するでしょう。私なら本当に洗脳が解けたとしても人には言わない。危険が完全に去ったわけではないから。専門であるならばそれは当たり前の配慮であり知識となります。

ご家族や関係者以外には、一切を黙っていることが重要なのです。

泥棒でもテロでも同じですが、犯罪を行う側には容易になっています。相手は誰でもいいですし違法行為やストーカー行為、どんな卑怯技も相手は厭わない。人数も多いし執拗でもあります。

ただし守る側はそうはいかない。仕事も生活もある。他に家族や友人もいてそっちも守らなければならない。どうしても後手に回りやすいですし、対象者を奪回してもそれを維持するのが難しいのです。

「物理的に接触を絶たなければならない」

「多少、お金がかかっても旅行や海外などに連れ出せ」

「一定時間の遮断に成功したら自意識が回復する」

と、何度もこのホームページ上で書いたのはですね。警察でも医療関係者でもない一般人が、現実路線として違法行為にならないように「洗脳から回復させる」には、それしか方法がないからです。

友人や家族に恵まれ、その人達のおかげで戻ってくることがある

本来なら医療関係者や警察、弁護士との連携が必要です。ところがそれがなかなかできない。世間体や体面を気にして大事にはするな、と親御さんに泣かれたり罵られることも時にはありましたね。

結果として状況は悪化します。手足を縛って泳げと言われるに等しい。相手は何だってやってくるのにこちらには守らなければならないルールとか法律、社会常識があります。

対象者の女性と一々結婚しますか? 対象者と性的関係を持って恋人になる? ボディガードという映画でもありましたが、それではプロとして失格ですし、いつまでも側にいるわけにもいかないんですよ。

友人や親族の協力すら得られない。助けるために懸命に動いていたとしても孤立無援状態で、対象者の家族から直接罵られることまであります。

正直、それに疲れたので私も今は手がけていません。

洗脳騒動に巻き込まれて。戻ってこれるのは「本当の運のいい人」ですよ。

友人か家族に本気で心配してくれる人がいた時です。何年かかっても諦めることなく、粘り強く自分の時間、かかる費用を負担してまで助けようとしてくれる人がいた場合にだけ帰ってくる例があります。

旅行に連れ出すとか海外に隔離するっていってもね。一人きりにはさせられないでしょう? 誰かの付き添いが必ず必要となります。洗脳が進んでしまうと自分がおかしな行動をとっているとは思っていません。ですので、どうにかしてカルトや洗脳者の元に戻ろうとします。

これもはっきり言いますが・・・。凄腕の「脱洗脳者」「カリスマカウンセラー」が被害者や対象者を奪回するのではありません。それは単なるおまけであって本質ではない。

難しいのは取り戻してからなんです。一度は身柄を確保したり洗脳から逃れたはずの人がまた取り込まれるとか、戻ってしまうのもよくあります。

それをしないで済んでいる場合は。その方(脱出した被害者)によほど良い友人とかご家族、サポートしてくれる仲間や恋人がいた場合だけですよ。

カルト宗教や洗脳を企んだ側に利用され、離婚して破産宣告した時点ですってんてんにされてしまって。一般人だと見殺しにされてしまいます。詐欺師やカルトにも旨味はないですが、親族や友人からも迷惑をかけられることを厭われ、距離を置かれている上にお金も無いわけですから・・・。

X-JAPANのTOSHIさんの場合には誰かがいらっしゃったことになる。もちろんそれは凄腕カウンセラーとか脱洗脳の専門家という意味ではありません。友人や恋人、ご家族、「そういった繋がり」ですよ。

その繋がりが自意識を回復させ、自発的な行動を行えるように導いているのです。そこにはファンからの温かい応援、これまでの作品や再開した音楽活動までを含むのでしょう。

そういった繋がりとか人がいない場合は間違いなく失敗します。

2017年のリニューアルに合わせて追記もしてあります。洗脳を解除する方法としては、このホームページに書かれている内容だけで対処法としては十分な量があります。それを参考にしてください。

あとはご家族、ご友人、恋人やパートナーの「心構え」一つですよ。洗脳を解くために、やることそのものはそんなに難しいことではないのですから・・・。

私が赤の他人でね。単なるカウンセラーや催眠術師だから身体には触れられないし投薬もできなくなってしまう。排泄物や嘔吐物で服が汚れたからといって脱がすってことすら難しい。

それがご家族とか我が子、妹や恋人なら違うでしょう? 親しい友人だからできることがある。

求められるのは向き合う勇気と諦めない姿勢であって、特殊技能じゃありません。

► ヒット数が多いなぁと思ったら(関連事項)

ヒット数が多いなぁと思ったら

► 洗脳の話の続報、補足(関連事項)

洗脳の話の続報、補足

2018年01月09日

谷口信行

スポンサーリンク

こちらも興味があるかも?

そうか、夏休みだ 故郷(ふるさと)は、遠きにありて思うもの 四国育ちの私のホームページに、懐かしいアクセスログがちらほらと・・・。 そうか、もう夏休みなんですね。 夏休みが近づくと大学関係者からのログが一気に増えます。東京、大阪、京都、四国、九州など。 心理学に関する記述のあるページとか、パーソナルスペースについて書...
情報公開のための準備を サイトの中を大幅に変更して新しい製作に入っています 色々立て込んでおりまして、少々お待ちください。 時間をかけてやっとサイト全体の体裁を整えました。サイドバーやカラムを変更してプラグインにエラーが起こらないようにして、色調も明るいものにしました。 文章も全体を見直して誤字脱字や重複記述を修正して公開...
久しぶりに自分のサイトを 生活のためには他の仕事も多少、受けなければ しばらく放置してて申し訳ありません。 別のサイトを複数、調整して一から作り直していました。WordPress(ワード・プレス)とHTMLを知っていることと、このサイトなどを長く自分で運営管理を行っていること、文章を書き慣れていることを評価されて某企業からの...
不倫相手に嘘がばれた? Googleのウェブマスターツールを導入 「不倫相手に嘘がばれた」っていうのは、もちろん私のことではありません(笑)。 移転とWordPress導入に伴ってYahoo!とGoogleにサイトマップを登録しました。 これまでもサイトマップは作ってあったんですけどね。WordPressを用...