アーカイブ
カテゴリー

女性心理、花束の心理学

2009/12/16改訂
1998/03/30初稿

心をこめて、プレゼントを贈りましょう

卒業式のシ−ズンに

以前にちょっと面白い経験をしました。知り合いの女性が学校を卒業して社会人なる時です。

私はそれを祝って、卒業式に花束を持って出かけることになりました。

ちょっと迷ったのですが、相手の方は女性ですしお祝いですからやはり花束などが喜ばれる、と勝手に思いました。

仕事の合間で時間もなかったので、当時自分が住んでいたマンションの同じ町内にある花屋さんに大慌てで行きました。

あんまり、そういった柄じゃないんですけどね。

「どれくらいの花束にします?」とお店の方に言われたのですが、あまり考える暇がなかったために、「1万5千円から2万円くらい」と答えました。一応、節目というか卒業のお祝いですから、ここは少々奮発して大きめの花束を贈ろう!と決めました。

「5千円違うとサイズがかなり違います。どっちにします?」と聞かれ、私は「じゃあ2万円で」と安易に答えたのでした。

私の住んでいた地域(開業当時1996年頃。事務所は大阪心斎橋で、住居は大阪住吉区でした)は大阪でも比較的下町です。ですから同じ花束を買うのでも街中のデパートとか飲み屋街(北新地やミナミ)で買うよりも格段に安いんですよ(笑)。

元々、大阪市内や東京の高級クラブなどで仕事をしたり、過去に仕事でママさん連中と付き合いのあった私は、胡蝶蘭(こちょうらん)一鉢の価格を知ってます。まして私が付き合いがあったのはバブルの頃も含みますからね。当然、花束といえば最低でも2,3万はするものだと思っていました。

ですから、その頃の感覚で花束を作ってもらいました。 Read the rest of this entry »

カレンダー
2017年11月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
番組出演、実験、検証等