アーカイブ
カテゴリー

洗脳解除のために必要とされる条件

「危機意識」が圧倒的に足りない

洗脳を解除しようと思っても、なかなか思うに任せないことはあります。

中でももっとも困るのは当事者に「危機意識」が足りないことです。

お父さんとかお母さんとかね。学校の先生とかね。実際に洗脳に遭ったとか身内や知人が被害に遭ったとかとか惨状を目にしていない人が殆どでしょうから。

それは確かに仕方のない部分でもありますが・・・。

こちらからどういった働きかけを行なっても理解できないとか、軽く考えてしまっていて事態が急速に悪化することもあります。

私は過去に洗脳の解き方、ってコーナーにおいて、こういった記述を行なっています。

  • 普通に考えればわかりますが、「私は騙されやすいかもしれない」と考える人は安易に危険には近づきません。普段の生活において用心します(笑)。それはおそらく根拠もなく「俺は騙されないから大丈夫だ!」と思い込んでいる人よりも、よほど手強いのです。

更に追加してこういった記述もあります。

  • 安易に立ち入らないこと。経験や知識、満足な保障や根拠もないのに大丈夫だと思わないこと。強盗にも強姦にも遭わないと思い込んでいるから高額な商品(バックや時計、宝石)を身に付けてチャラチャラ歩けますし、薄暗い夜道を歩きます。

わかりますか?

これはね。危機意識と呼ばれるものです。

好奇心が猫を殺すって慣用句(ことわざ)も存在します。

探求心とか好奇心は人を育てたり新たな研究や世界を開くためには必須のものでしょう。そういったものを一切、持たなければ努力も勉強も挑戦もしません。

警戒心ばかりが強まってしまえば、家から一歩も出ることがかなわなくなってしまいます。

ですが、何の警戒心も危機意識も持たず、何かに安易に近寄ると大けがをしたり、そのまま帰ってこない、死んでしまうようなことも起こります。

こんな話を持ち出した理由は

親御さんとか仕事先の同僚、仲間や知人、家族、恋人の中にはね。事の重大さとか事態の深刻さにピンッと来ないというか、とても反応が鈍い人がいます。

警告というのはですね。「聞く心」要するに聞き入れて心に止める姿勢とか、相手の言葉に耳を傾ける人に対して行なってこそ、初めて効果ののあるものとなります。

こちらから必死で警告を行なっても「なーに、大丈夫。そんなこと起こりっこないんだから」程度に思っているなら何の意味もありません。

2011年に起こった原発事故でも似たようなことが起きているでしょう? 非常用電源の確保とか、震災時の対応について疑問を持っていたり、津波を心配して高台に新設すべきだとの提言や意見も出されていました。

ところが「これまでに一度もそういった事態は起きていない」ことを理由に無視したり、門前払いにすることもあったようです。

繰り返しますが全てに警戒したり備えるようになれば、切りがありません。家から一歩も出ないとか誰とも触れ合わないことになります。また、何かに備えるには費用もかかります。

ですので、異様に警戒心を持って「全てに近づくな!」と私は述べたいのではありません。

異常を察知したりね。危険を感じたら記録を残したりね。実際になんらかの変調なりトラブルが起きたら「安全だ」「大丈夫だ」などという先入観は捨て、万が一に備えるのがいいのです。

これは洗脳などに限りませんが、危機管理能力というのは「即応性」と「柔軟性」です。

万が一の事態に備えて「取り越し苦労でもいいから、なんらかの対応策を準備しておこう」「心に留め、すぐ動けるようにしておこう」になるのです。

過去に何度か、洗脳騒動で動いたことはあるんですけどね。むなしくなるんですよ。

通報者はご兄弟だったり、ご友人だったりします。

どうみても怪しい行動をとっており、このままでは危険だろうな、と判断します。親御さんや職場、学校の関係者に警告したり事情を説明しても知らんフリだったり、「気のせいだろう」程度にしか受け取らない人は多いのです。

ただの占いとかね。単なる信仰の問題ではなく、真剣に危機が及んでいると思うので初動を早くする必要もあるのですが・・・。その意味を理解して貰うだけでも一苦労です。

宗教だから「何やってもいい」は本当は通らない

以前に「日本において宗教団体が優遇される理由」という記事を書いています。長いとは思いますが、カルト宗教などが日本で蔓延って(はびこって)いたり、それをなぜ、政府とか警察が取り締まれないかについて書かれています。

できれば、そちらも読んでおいてください。

信仰、宗教の自由は憲法(日本国憲法第20条)により保証されています。

「信教の自由」には、以下の点挙げられます。

  • 内心における宗教上の信仰の自由 – 特定の宗教を信じる自由、信仰を変える自由、宗教を信じない自由。

問題となるのはですね。その「宗教上の信仰の自由」という文言を拡大解釈して、どのような布教活動も自由だ、どんな迷惑行為、営利活動を行なっても「これは宗教活動だから構わないんだ!」と強弁する連中が実在していることです。

日本国憲法第20条にはね、こういった一文もあるのですよ。

  • 宗教上の結社の自由 – 宗教団体を設立し、加入する自由、活動する自由、または加入せず活動しない自由。

「宗教を信じない自由」を保証もしています。と同時に「宗教に加入せず、活動しない」権利や自由もまた、保証しています。

自由とはね。「自分の意思で、どんなことも好き勝手にやったっていいんだ!」ではないのです。

権利ってのは必ず義務とセットです。。どんな「自由」にも枠組はあります。学校が嫌いでそこから自由になりたいからといって、深夜に学校の窓に石投げつけて割ってまわったら。そりゃ逮捕はされますよ。

信仰の自由には絶対条件、守らなければならない「義務」が存在します。

他人の生活、つまり、社会や日々の経済活動、生命などに決定的な悪影響を与えないことです。

信仰の自由はありますが、反対にその信仰や宗教を「断る自由」も保証されなければなりません。誰かが自分を正しいと信じ込んで一方的な無理強いはいけませんし、信仰の自由を無闇に拡大解釈すればいいってものでもない。

双方の自由意思を尊重、生活や命、経済活動や学業を重んじた上で、「信仰は行いなさい」が大前提となっています。

子供や家庭、家族や仕事を放置してどうすんですか?

宗教家であったり、宗派や信仰を名乗る以上、絶対に守らないといけないのは「命」です。

つまり、個人の尊厳とか生き方、子供達を含む弱者の保護、信者や信徒達の生活を脅かさないことです。

本来、宗教とは一部の幹部達が贅沢をするために生み出されたものではありません。

人々をより良い方向に導く、戦乱や飢饉、大災害や疫病で悩み苦しむ人達を「救うこと」を目的とし、設立されたものであるはずなのです。

だからこそ、多額の寄付や献金を求めて信者の生活を圧迫したり、家族や子供をないがしろにしたりはしてはいけません。

揚げ句に若い女性に「身体を投げ出せ」と教祖が求めたり、子供達の世話を放置して集会やイベント、政治活動にだけ、必死でまい進しているのならば、おかしいのです。

そんなものは宗教でも何でもない。ただの営利活動であり大人というか一部の異常者の身勝手な思惑です。そこに「神様」だとか「教義」だとかが入っているなら尚更、薄汚れていて見苦しいものです。

どんな宗教も宗派も、本来は「汝の隣人を愛せ」と言いますし、「暴力や殺人は良くない」と言いますし、家族や仲間、友人を大切にしろ、くらいは言いますよ。

まともな宗教とか宗派、「宗教家」であるならば家族や仲間、仕事をないがしろにしろだとか放置しろだとか、まして「親族には会うな」などとは言いませんよ。

そういった発言を行なったり、信者や参加者の行動を抑制、制限するならカルトであり洗脳なのです。

これは私の持論ですが、宗教は「人々が生活し、生きるためにのみ」存在すべきです。

誰かを苦しめ、家族や仲間を悲しませ、利益を求めて強引な勧誘を繰り返す。献金や上納金ばかりが増え、子供達がみすぼらしい格好をしていたり、ひもじい思いをしている。

で、幹部が高級車を乗り回してでっぷり太っているようでは、とても宗教などと呼べませんよ。

スピリチュアル、などを名乗る連中もなぜか、美食家や太ってる人が多いようですが・・・。強い違和感を覚えます。

信者のほうが痩せている。粗食に甘んじて「教義」とやらを真摯に守っているなら、その指導者なり幹部は、更に厳しい環境に身を置くのが筋です。

自身は甘い環境に浸って飽食を貪り、女性をはべらしながら、信者や信徒、悩んで相談に来る人にのみ、何かの荒行や苦行、献金や義務を押し付けるなら、それは神様なんかじゃありませんよ。

神様や指導者、宗教どころか、人として屑です。

危機意識を持てないから、悪化してから訪れる

アムウェイのような紹介販売(マルチに近い)とかね。カルト宗教のみならず、大きなトラブルに発展するものは社会に数多くあります。

私が若い頃にもやってる奴はいましたよ? 大笑いなのが以前の解説では、商品の宣伝や広告、販売店などを持たずに「紹介販売のみ」で行なっているから大きな利益があり、それを会員に公平に分配することが出来るのだってのが、彼らの売り文句でした。

私がテレビ番組などの出演した際にね。「一緒にアムゥエイで儲けましょう!」って恥ずかしいメールを何通も送り付けてきたお馬鹿さんもいます。

そのアムウェイが、今じゃ堂々とテレビCM打ってます。

それを今、眺めている私からすると、彼らが自分達で掲げてきたお題目、広告費の削減や販売方法に関する説明が全部、嘘だったという証明になってしまいます。

巧妙な説明とか取り込み方法はたくさんあります。確かに背景を知らずに聞けば、それなりにもっともらしく思えるのです。それが「洗脳」と呼ばれるものの第一歩。

多大な実入りや利益をちらつかせたり、宗教や信仰をもっともらしく語ったり、世界平和とか社会正義を語る者の多くが、「これは洗脳ではない」と言い張ります。

「洗脳だー!」「マルチ商法だー!」と怒鳴りながら、近づいてくるなんてのは稀。殆ど存在しません。

「絶対にそういうものではない」「安心ですよ」「いつでも辞められます」と必ず言うものです。ですが、実際には在庫を多数買わされて支払いに追われてしまったり、集団で取り囲んで精神的な拘束を受け、脱出が不可能にされてしまうことがあります。

危機意識があるならね。最初からそういったものには近づきません。

弱い犬には弱い犬なりの処世術なり、防御方法がある。歯を剥き出しにして大声で吠える事が正しいと私は思いません。誰かに馬鹿にされようと、弱いと言われようと、トラブルを上手に回避できるなら、それは立派な能力でしょう。

それをあざ笑うほうが愚かしいのです。

好奇心から何かに誤って参加したり、付き合いで行かざるを得なくなっても、他の誰かに相談したり話す機会が多い人は、どこかで彼らの矛盾に気が付きます。

問題となるのは、本来はしっかりしている人で警戒心もあるのに、何らかのトラブルがあって精神的に落ち込んでいたり、孤独感で嘖まれている瞬間に悪意のある人間に接触されてしまい、一瞬で取り込まれてしまうケースです。

ご本人とかご家族とかね。恋人とか職場の仲間とかね。相方に「危機意識」が薄いので後手にまわります。

そうなると大変です。油断している間にしっかり取り込まれますから。

その程度はたいしたことがない、と思っているので何の対処もしません。防衛策も打てない。気づいた側が事前に通告とか警告してもまったく無視します。

深く関わるのも面倒くさい。「そのうちでいいだろ」「私でなくてもいいだろう」と漠然と思ってるうちに、実家にも友達にも家族にも近寄らなくなり、場合によっては行方不明になります。

そうなってから、慌てても遅いのですが・・・。これが結構あります。

悪化するまで「手が打てない」というジレンマ

警告っていうのは「聞く意思や姿勢、受け入れる耳を持っていること」と書きましたよね。

その意思や姿勢がなかなか持てないのです。

このサイトを開設した初期の頃にはよくありましたよ? 兄からの通報で、現地に訪れて他のご親族(親)に会って話したら、私のほうが疎まれたり疑われて怒鳴られるとか「あんな人の言うことなんて信用できない」と、追い返される実例が。

親とか警告を受ける側に、危機意識がないからです。

また危機意識がないのと同時に、自分達の醜聞、すなわち家族の誰かが洗脳されているとか宗教に嵌まっているとか、多額の金銭を「誰かに貢いでいる」という事実を、第三者に知られたり指摘されるということを厭う(いとう、嫌う)のかもしれませんね。

耳が痛いかもしれませんが、誰かが告げなければ進展も防御もできませんよ。

皮肉なことにね。「学校へ行こう!」などのバラエティ番組、しかもゴールデンの番組にしばらく出るようになると、そういった私への偏見とか錯覚は減りました。

顔とか名前が売れるとね。いかがわしい宗教団体とか占い師などよりも、信頼されたりもするのです。

私に言わせると、そっちのほうが誤解であり錯覚なのですが・・・。テレビに出てるから信頼されるとか、私を疑うのを辞めますってのは極めて危険な発想です。

私個人はネットでテレビ局から直接、出演依頼を受けた側です。ですので何の背景も繋がりも所属プロダクションも持っていません。

ですが、なかには番組に「わざわざ自分でお金を払って」出ている人もいるのですから・・・。信憑性や信頼性を増そうとしてそういった宣伝や露出を行なう人もいます。

露出とか知名度で相手を信用するということは、宣伝とか広告、誰かの仕掛けた思惑に簡単に流されることを意味します。

それだと危ないのです。新たな詐偽とか占い師などに騙されてしまう可能性が残ります。番組や雑誌にたくさん出ているから安心だ、などと油断することが怖いのです。

洗脳状態がとことん悪化してね。自分達ではどうしようもないくらいに追い込まれると、こっちの話も素直に聞きます。そこまで行かないと聞かない人も多いのです。

その間に仕事を辞めてしまったり、家に寄りつかなくなったり、お金を全部使い果たしたりね。お金欲しさで犯罪(売春や窃盗)や違法薬物に手を出すようになってから、親族や身内が慌てる実例も多いのです。

こちらとしては悪化するまで手が打てない。

これがジレンマであり、矛盾でもあります。とことん悪くならないと出番がまわってこない。どちらかと言うと疎まれたり「お前が詐欺師じゃないのか?」とまで言われたことがあります。

その警告を行なったのは対象者の兄が、私の友人だったからで別にお金を貰ったわけでも無いんですが・・・。多少は専門知識があったので、手助けのつもりだったんですよ。

悪化する前に警告すると聞きません。悪化してから「だから言ったでしょう」と言えば「なんでもっと強く言ってくれなかったんだ!」と詰られます。

「その時は気が付かなかったからだ!」「私は悪くない!」と強行に言い張るご親族も、驚くくらいに多いんですよ。

ともかく、接点を持ち、保つこと

過去から何度も言っていますが、洗脳とかね。マルチ商法とかね。何らかのトラブルの予防のためには「取り越し苦労」でいいんです。

間違っていても大きなトラブルになんてならない。

相手を心配しての行動で、その思いから出た言動なら、そんなに悪いことにはならないのです。「うるさいなぁ」と多少思われようがいのではありませんか?

大切な友人とか家族、一度は愛した人であったり、我が子ならば、「その程度のおせっかい」は許される範囲です。

むしろ放置して「洗脳者にしっかり捉えられてしまったら」それこそ、後に大きなトラブルに発展します。

一年や二年の静養期間で済めばいいんですけどね。下手すりゃ一生を台無しにしてしまったり、棒に振る可能性すらあるんですよ。アイドルなどでもそうですが、若い頃に恋愛で大失敗して今も立ち直れないとか、第一線から遠ざかってしまう例もあるでしょう?

とても有名な女優やタレント、歌手だったのにカルト系宗教団体の広告塔にされ、今も帰ってこない人だっています。

だからね。ともかく接点を持ち、それを保つこと。

洗脳を行なうものは、他者との繋がり」を切ろうとします。というかそれが全てなのです。我々こそが「あなたを正しく理解してあげる」と言い続け、そう信じ込ませることで相手を操ろうとするのですから・・・。

接点を断ち、自分達だけが味方であるように偽るのです。そのためには本当の家族とか、心配してくれる仲間や友達、仕事の繋がりをも排除しようとします。

だから、ああいった連中(洗脳者)は「私たちは家族よ」と言い張りますし、繋がりを強化しようと対象者(洗脳を受ける人)と一緒に住もうとします。

それを忘れないでください。

ご親族や身内が、対象者(洗脳を受けた人)に冷たくあしらわれたとかね。暴言を吐かれたとかね。稀に暴力を振るわれるなんてことも時折、ありますけどね。

それは自分を見失っているだけです。本心ではありません。洗脳者に植え付けられた偽りの常識とか、間違った価値観、偽の情報から感情を爆発させているに過ぎないのです。

悪口を言われたり、怒鳴られることもある。それでも諦めず、何度も連絡し、相手の顔をみて「生きていること」「言動がおかしいこと」を確認する必要があるのです。

洗脳者の様子や現在の状況を把握することも、奪回時に重要なポイントになります。

対象者の身柄を確保してるなら、わざわざリスクを犯して「洗脳者に」会う必要はないですけどね。というか会ってはダメです。ご家族や身内が更に洗脳される可能性もありますから・・・・。ここを間違えないように。

対象者の身柄を洗脳者に「先に持っていかれている」なら、会わなくなるのはダメです。

下手すりゃ殺されますよ。

目が届き、騒いでいるからこそ、ギリギリの所で命が救われる可能性が残ります。

催眠に「かかるかどうか?」は洗脳と無関係

また、これも勘違いしてる人が多いと思いますけどね・・・。非暗示性(催眠のかかりやすさ)と、洗脳の容易さはまったく別であり、ほぼ無関係です。

私はある時期を境に、カウンセリングにおいて「催眠術」を重視しなくなっております。

理由は簡単で、「んなものなくても対処は可能だし、カウンセリングと面談、行動パターンの把握だけでも十分な効果は発揮できらぁな」ってのが、実体験で徐々にわかったから。

こういったサイトを立ち上げ、長年、活動してきた側が、「催眠術」を真っ向否定ってのも珍しいかもしれませんが・・・。私の場合は初期の頃からサイト上でもテキストでもこう書いています。

「言葉による暗示は、誰でもかかる」と。

「意識の消失、ロストはそれほど需要ではない」と。

テキストを持っている人は読み返してください。

今ごろになって、オセロの中島さんが洗脳騒動で騒がれていますけどね。私は面識ありますよ。というか、オセロというコンビが売れる前ですね。

彼女達がまだ「布製のつなぎ」作業服みたいなもので出演していた頃に、TBSの深夜番組で何度か、ご一緒しています。私のコーナーの進行役でした。一緒にロケに何度か行っていますし、スタジオでもご一緒しています。

当然ですが、番組の依頼でお二人に催眠をかけようとしたことがある。

かかりは浅く、思ったような効果が薄かった。どちらかといえばオセロの白(松嶋さん)のほうが深かったくらいです。

ですが、現実の騒動においてはどうでしょう? 洗脳騒動の報道で出て来ているのは? 松嶋さんですか?

当時、私のその言葉とか、このサイトに書かれている内容を信じなかった人もいるようですけどね。今、起こっている騒動を眺めれば自ずと真実や現実は理解できると思います。

催眠に「かからないから」洗脳されない、ではない。同じ意味で「催眠にかかるから」洗脳される、でもない。

手順とか段階を踏み、時間とタイミングがあうならば、「どんな人だって」誰かとか何かに取り込まれる危険性はあるのです。

昔からこのサイトを眺めていて事情や背景を知っていたり、洗脳騒動に興味を持ってこのコーナーを眺めている人は、それを忘れないでください。

「洗脳されない方法」とは?

最近は「洗脳されない方法」などで検索して、このサイトにたどり着いている人がいます。

洗脳されない唯一の方法は「特定の人間とだけ」短期間に何度も繰り返して会わないことです。同じ人とか同じ団体とか同じ宗教、同じ占い師の一家と「だけ」付き合わないこと。

同じ嗜好、似たような行動パターンや考え方をする人達が、一ヶ所に集まって生活するようになれば同じような過ちに至ります。

それを補正したり修正したり、忠告や警告する人が存在しないのですから・・・。

それには異性関係や恋愛関係も含みます。マンツーマンで「その人とだけしか」触れ合わない、付き合わないなら精神的に多大な影響や干渉を受けます。

結婚したとしても、親や兄弟には会いに行くこと。私も結婚していますが、嫁さんが親や兄弟、姪っ子、昔からの友達とに会いに行くといえば快く送り出します。

時にはね。お土産に自分で蒸した御強(おこわ)とか持たせて。

ま、流石に男友達に会いに行くなら許可はしませんけどね(笑)。

こういった特殊な仕事をやってるから、って部分もありますけどね(笑)。親やご家族を心配させたくはないので。接点はたち切らないように努力しています。

私が「嫌だ」と言えば会いには行かなくなるでしょう。ですが、それでは我慢を強いることになります。私の色にそっくりそのまま染まって欲しいとか私の思考の「ミニ版」が欲しくて一緒になったわけではない。

私が欲しいのは奴隷じゃないんですよ。考える能力を持ち、自分の意思で私を慕ってくれたり好きでいてくれる存在です。

家族や仲間、友達と会う事を禁じたり、極端に制限するならばそれはストレスになりますよ。いくら夫婦関係やカップル間でも、それはよくないでしょう。

他者との触れ合い、多様な価値観こそが防衛の方法

たまにはね。喧嘩したり意見のすれ違いがあっても良い。あの人が嫌いだから、気に入らないからといって、自分に閉じこもってしまったり、趣味や意見の合う人とだけ触れ合っていると、自分の歪みを正せなくなりますよ?

社会には様々な「価値観」がある。それぞれに大切に思うものも違い、異なる人達が生活しているからこそ、すれ違いや喧嘩にもなりますし、出会いや恋愛などもあります。

同じ方向を向いて、同じ景色ばかりを眺めないこと。

幾ら恋人が好きでも、時には友人や家族と過ごすこと。誰か一人の言葉とか「価値観」のみを鵜呑みにせず、時には比較したり誰かの意見も聞き入れてみること。

それが自意識や自我を回復する重要な「接点」となるのです。

検索で私のサイトにたどり着いた人の言葉、キーワードを調べてみるとね。

親に洗脳された、その洗脳を解きたいとか、恋人に洗脳された、アムウェイの洗脳を解きたい、ってのが混ざります。

相手が「親」だったり、マルチ系企業だったり。恋人だったり上司だったり不倫相手?だったりはしますが、その多くは「相手に洗脳された」または「洗脳されたらどうしよう?」と思っていることを示唆(しさ)しています。

相手と親密になればね。そりゃ、多少は感化されますよ(笑)。好きな相手なら尚更です。憧れ(憧憬)ってのは、特に個人に強く作用します。

確かにある意味では「洗脳」に近いかもしれません。

が、それで生活とか仕事が目茶苦茶になったり、人間関係(マルチ商法が典型)が壊れてしまうのでなければ、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

誰も好きにならないし、誰にものめり込まない人生のほうが、おそらくは寂しいですよ。多少は影響を受け、失敗して傷つき、泣いたり笑ったりしながら日々を過ごすものです。

大切なのは遮断しないこと。様々なチャンネルを持ち多くの人、特に親族とか昔からの友達との接点をたち切ってしまわないように、双方で注意し努力しましょう。

それこそがあなたを守る楯となり、あなたご自身の自我、つまりパーソナリティ、個性を守るのです。

ご家族や兄弟、幼なじみや学生時代の友人を大切にしなさい、というのはあなたの原型となった「子供時代」つまり、大人になって付き合った「誰か?」の影響を色濃く受ける前の姿を、お互いが知っているからです。

思い出話の一つや二つはあるでしょ? そこを話すと原点回帰というか、昔の感情とか思いを引き出すことになりますので、精神のバランスが安定するのですよ。

そういった繋がり、肉親や家族、友人との接点を保ったままで「誰かにのめり込む」ならば、自分を完全に見失ってしまうことはないでしょう。

お互いに良い刺激を受け合う、良好な関係だってきっと築けるはずです。

2012年02月10日
谷口信行

Comments are closed.

カレンダー
2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
番組出演、実験、検証等
全て開く | 全て閉じる
公式Twitter