アーカイブ
カテゴリー

Archive for 9月, 2010

日本において宗教法人が優遇される理由

古くは戦国時代にまで遡る

以前にブログで紹介した内容の続きです

洗脳の話の続報、補足」のコーナーでこういった話を綴っています。

アメリカやイギリス、フランスなどには存在するんですけどね・・・。日本にはある特殊な事情があって野放しに近い状態です。

日本では宗教法人が異様に優遇されています。これは諸外国では見受けられない傾向で、なぜだか疑問に思う方も多いでしょう。これにはある事情があります。

戦国大名として有名な方に「織田信長」という人がいます。

ここでクドクドと説明しなくても、日本人であれば多少は馴染みがあると思います。安土桃山時代に尾張の小国の御曹司として生まれた人で、小国の大名から苦闘の果てに全国統一の一歩手前までたどり着きます。

若い頃から暗殺の危機や家臣の反乱、実母による排斥などを受けたため奇行も多かったようですが先見の明があり、通常ではなし得なかったような新しい改革や特殊な(楽市楽座)、商工振興策を行って徐々に大国と張り合うようになるのです。

いわゆる血筋としては名門です。ただし尾張の国の守護代に過ぎなかった織田家を後に天下一にまで押し上げたのは彼の手腕によるものでしょう。

統一を目前にして明智光秀の謀反によって滅びるわけですが、彼が天下統一の狭間で行った政策や戦闘手法は目覚ましいものがありました。

宗教、という名の権力、軍事力との衝突

織田信長が天下統一を目指す最中でどうしても避けては通れないものが出てきました。

一向宗(いっこうしゅう)との確執です。

一向宗とは鎌倉時代に一向俊聖(暦仁2年(1239年)? – 弘安10年(1287年)が開祖として広まった宗教ですが、徐々に民衆に受け入れられて戦国時代には凄まじい数の信徒が存在しました。後の浄土真宗(本願寺)などもこれに起因します。

宗派や宗教観が複雑に絡み合っていますので、一向宗といっても一言で表現はできません。一口にキリスト教といっても様々な宗派が存在するように簡単ではないのです。ですが、ここではあまり関係ありませんので、簡素化するために割愛します。

戦国大名、特に北陸を中心とした地域では「一向宗」の一揆に苦労したんですよ。加賀(今の富山県周辺)では富樫政親という守護大名が一揆衆に攻め滅ぼされ、天正8年(1580年)に信長に破れるまでの90年間を「一向宗」(農民が主体)支配しました。

その一向一揆の束ね元、親玉というか宗教的な象徴として君臨していたの浄土真宗本願寺だったことになります。

当時の坊さんは今とはだいぶ、違いますよ(笑)。まあ昔のキリスト教もそうなのですが、当時の宗教はいわゆる権力とか支配者、軍事力と直結している例が多いのです。

戦国時代以後の日本がキリスト教を排除するようになったのは、各地でのキリスト教のやり方とか戦争の経緯を研究して「危ない」と思ったからでしょう。

口先では懸命に「神の愛」を説く彼ら宣教師や牧師ですが、実際には国王からの命令で植民地探しに来ていた連中もいます。戦争の先兵として送り込まれ、その国に信者の数が一定数よりも増えると自国の軍隊を送り込んで一機に制圧、植民地化するような蛮行を各地で重ねています。

貿易船などから徐々にそういった情報がもたらされるようになり、日本の使節団が海外に出た時に現実を見聞きします。日本人のキリスト教徒がアジアやヨーロッパで「奴隷」として売り買いされていることを知るに至って、江戸幕府もキリスト教を禁止してしまいます。

江戸幕府は「完全に」鎖国していたわけではなくてですね。危険なものを排除しながら、決められた地域で貿易は行えというのが基本的なスタンスです。

安土桃山時代には売僧(まいす、と読みます)とも言いますが、美食に走り女色(本来は戒律違反)を行って私利私欲に溺れ、僧坊でお稚児さんや愛人を囲って好き放題やっていた坊主もいて、徹底した合理主義者だった織田信長は一向宗を嫌悪するようになります。

一向宗を、というよりも一向宗や宗教の名を借りて天下を思うままに操ろうとしたり、将軍や敵将に手を貸して天下統一の妨げになる「宗教幹部」を憎む方向に近づいていったんでしょうね。 Read the rest of this entry »

恋愛を成就させたい、と望んで検索される方に

吊り橋実験、吊り橋理論というものがある

1974年にカナダで行われた実験です

モテる男になりたい、とか男性にモテたい、と望んでYahoo!やGoogleで検索をかけて私のサイトにたどり着く人がいます。具体的な方法を求めて、心理学や催眠の知識から何かが応用できないか? との期待もあるのでしょうね。

せっかく訪ねてくださっているので一部、ヒントというか過去の実験を例にあげましょう。どういった行動パターンやデートコースが恋愛に「効果」があるのかを解説したいと思います。

1947年にカナダの心理学者、ダットンとアロンによって行われた実験があります。

正確には「生理・認知説の吊り橋実験」として知られているものです。割とメジャーなタイプの実験で心理学を齧ったことのある人なら一度は聞いたことがあるかも知れませんね。映画「スピード」においても、途中で解説が出てきます。

スピードを落とすと爆発する爆弾を仕掛けられて止まることのできなくなったバスの中で、若い男女が恋愛関係になるのですが、ヒロインの女性が心理学について学んでいて詳しいために「極限状態、一時的な緊張状態での恋愛は長続きしないわ」といったセリフが複数回出てくるのです。

吊り橋理論そのものはオカルトでも何でもなく、科学的に実証されています。

吊り橋実験の追証も各国で行われており、日本のテレビ番組などでも実験は行われて複数回紹介されています。ですので、極限状況とか危険な状態で「恋愛に」効果というか影響があることまでは否定できない事実であると思われます。

実験の詳細、内容

実は、ですね・・・。この吊り橋実験というのは「男性に対して」行われた実験なんですよ(笑)。男性の方は心(こころ)して聞いてください。初期の実験は女性に対して行われた実験ではないのです。

男性に対する「生理」の証明で、極限状態や危機状態において男性のホルモンバランスが「どう変化するか?」を解説したものであって、それがそのまま女性に当て嵌まるとは限らないことを理解してください。

実験は18歳から35歳までの男性を集めて行われています。渓谷にかかる二本の橋があります。一方は不安定で揺れる橋、もう一方は安定していて殆ど揺れない橋を用いています。

男性が橋を渡っていると橋の中央で待ち受けた若い女性から「いきなりアンケート」を受けます。女性は実験結果に興味があるなら後で電話をください」と言って電話番号を教えます。

揺れる橋を渡った男性からはほぼ全員から電話連絡があったのに対し、揺れない橋を渡った対象者からは一割程度しかレスポンスが無かった、という結果が得られました。

各国で追加証明実験は行われていますが、男性が不安定な要素、つまり危険な状況とか極限状況に追い込まれたほうが影響を受けやすいようで、恋愛関係が成立しやすいと言えます。 Read the rest of this entry »

パーソナルスペースの補足、席順の選び方

検索(サーチ)結果をみてみると?

急にヒット数が増えた

検索で訪れる方が、どういったキーワードをYahoo!やGoogleに打ち込んでいるのかは一目瞭然です。私のサイトにどういった言葉を検索して到着したかがわかるようになっています。

催眠術、は相変わらずのトップ(笑)。昨日は何か放送でもあったんでしょうかね? いきなり通常の二倍近くに急激に増えています。

まあ、今さら番組どうこうにはあまり興味がありませんが(笑)。私はテレビ番組に催眠術で出ていい思いをしたことが殆どありません。

一方的な企画を押し付けられたり、責任だけ背負わされそうになったり、あげくに一緒にコーナーをやってたはずのタレントさんが「別の催眠術師」を担ぎ出したり・・・。

内容は私のホームページでやってたコーナーの「モロパクリ」ってのも何度か経験しています。

番組改編の時期になると強引に事務所どころか自宅にまで押しかけてくる見ず知らずの「ディレクター」などもいましたから。もちろん、自宅をそういった人に教えたことはない。招いた覚えもないですよ。

誰から聞いたんでしょうね(笑)。

なのに勝手に調べて何のアポイントもなく訪ねてくる連中だっています。緊急事態だ、などと言って・・・。

そういった行為が相次いだので、あまりいい感情は持っていないのです。

番組出演をしたいた頃、ちょっと嬉しいかったのは、ギャラの振り込みがあった時くらいですかね?

ま、生活もありますから。 Read the rest of this entry »

カレンダー
2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
番組出演、実験、検証等
全て開く | 全て閉じる