アーカイブ
カテゴリー

テーマの修正、最新のWordPressの導入

こんな面倒なことを何でやるかと言うと・・・

好きでやってるわけじゃなくて

プラグインが動かないからです。

WordPress(ワード・プレス)については別コーナーを参照してください。「超合金Z」のコーナーも統合して多少は見やすい形式に整えました。

借り物のとか、どこかで無料で配布されているテーマ(テンプレート)ではダメですね。

ダメってのはそのテーマとかテンプレートとか開発者がダメなのではなくて、使用者(この場合は私)のスキルが追いつかなかったり、用途に合わせることができないのです。

エラーが起こりがちなのは外形です。内部にテーブルを設置したり、プラグインを用いて整形とかソースを貼り付けようとすると途端に見た目が大きく崩れたり、意図したような表示になりません。

要するに、テーマ(テンプレート)の作者が意図したこととは違う使い方をしていると言うことになります。

もちろん、テーマを作る時のガイドラインとかルールがありますので、それに沿った形で作られてはいるんですよ。ですので、それをきちんと動作したり表示するようにしようと思えば使用者(私)が、部分的に修正を加える必要があります。

これがねぇ・・・。そうそう簡単ではないわけで・・・。

プログラムとかスタイルシートは作り手の癖が生じてしまいます。

いわば文章と同じ。たかがプログラムであっても使い方とか使い回しとか表現が違ったり、製作者は「自分に理解しやすいように」作ることが多いでしょう。

どこで折り合うか? どこで見切るか?

結局は「他人様からの借り物」の過ぎないわけで。当然ながら、その借り物が自分の寸法とか用途にあってないからと言って怒鳴るのは筋違いです。

通常はテーマを作る時に必要最小限度の機能を付けたら、後は簡素化というか省略します。

たくさん入れれば入れた分だけ把握は難しくなりますしエラーも起こる。無数にあるプラグインに完全対応することは不可能ですし、まして日々更新されているフリーウェアなのですから追いかけていればいつまで経ってもテーマは完成しなくなるでしょう。

ですので、製作者は「どこかで見切って」公開するか使用するしかなくなるのです。

HTMLとかBlogも、MacとWindows、各ブラウザやバージョンでも見え方とか動作が違いますしねぇ・・・。困ったもんです。各社で利権争い、シェアの独占ばかり狙うもんだからいくら時間が経っても統一されません。

それでもWordPressは比較的、安定しているほうで一度、稼働し始めるとあまり大きなトラブルはありません。テーマの製作には手こずりますが、作ってしまえば問題は少ないでしょう。

仕方がないので結局は自分で一から製作しました。

ソフトウェアを使用して希望に沿ったものを書き出します。が、そのまま使えるわけではありません。先にも述べましたがWindowsとMac、ブラウザのバージョンでスタイルシートの記述が大きく異なります。

マージン(margin)とパディング(padding)の違い、テーブルタグの処理の違いがあります。

文字詰めとか高さの違いもありまして。Macで綺麗に見えるホームページを作ってもWindowsでみたら文字が詰め詰めで窮屈になっていて読めなかったり・・・。そういうのを一個づつ潰して見た目を整えるのは至難の技です。

仕方ないので妥協案、ご容赦を

結局、何をやってるかつーと、楽天とかYahoo!とか@Niftyとかの大手プロバイダが「ショッピングカートやBlogを提供」する時に行うバグ取りを一人で行っているに等しいですな。

完全になんてできるわけがない。幾ら時間かけたって無駄です。希望するプラグインに対応するだけでも苦労の連続になってしまいます。

仕方ないので今回からExplorerの「6」を斬り捨てました(笑)。

ログから判断するとウチの読者にはまだ8%くらいの使用者がいるようですが・・・。諦めてください。

といっても全てが表示されないのではなく、ナビゲーションとか写真の表示の一部が崩れるだけです。内容(文字等)は普通に読めると思います。

YouTubeとかもExplorer6のサポートは辞めると言っていますし、セキュリティにおいても不利です。開発元のMicrosoftも今年の3月で開発を打ち切っていますからそろそろいいでしょう。

動作確認はSafari(Mac&Windows)Firefox、Explorer 7、8で行っています。

黒背景も辞めました。

黒のほうが締って見えて若い世代には人気があります。ありますが目が疲れやすい。なので高齢者には不評のようです。それと元ネタが「催眠術」というタイトルですので背景が黒っぽいと、おどろおどろしい印象もあります。

ある知人の「会社のパソコンでは開きにくい」という感想を聞いてハッとしました。

アダルトサイトが「背景が黒」が多いんですよね(笑)。

元が動画配信用だったので・・・

私はnobee.comとは別に幾つかの独自ドメインを所有しています。

net-mov.comというドメインも持っています。そのドメインをわざわざ取得したのは、それを使用して動画配信用のサイトを新たに立ち上げようとしていたからです。

コントラストがはっきりしますので、暗い背景色は映像とか写真がはっきり見える効果があります。ですので動画配信とか商品陳列とかギャラリー系(写真を公開)のサイトでは黒が人気なんですよ。

そこには「アダルト系」も入ってしまいます。

テーマを作るのは非常に手間も時間もかかるので、「やっぱり黒背景から作ろう!」になり、改造が終わったテーマを「nobee.comで導入しよう!」になったわけでした。会員ページでも動画配信は使いたかったので。

ところがこれがうまく動作しなーい。

特定のプラグインで見事にコケます。表示が綺麗にできませんし、テーブルの配置もできない。内部の「この辺りが原因かな?」ってのはわかったのですが、それを修正する方法がなかなか見つかりません。

これを機会にnobee.com内部でショッピングカートを動かしたいのです。会社(Office True)にリンクする形式ではやはり不自然な気もしますし。

実現したら会員にだけ販売するテキストとか動画とかも置きたいと思っています。コンテンツ課金などが行えるようになるのなら、会員制でそちらでだけ情報配信も行えます。

そういった高機能のショッピングカート、特にWordPressに特化したプラグインは数がそれほど多くはありません。設置してテーマが動かない場合には諦めるしかないでしょうね。日本語化されていない英文のプラグインも多いので、設置とか導入にはかなりのスキルを要します。

今回のテーマは「これで多少は何とかなるんじゃないかなー?」という手応えを得たので公開しておきます。

皮肉なもので、走っているのは今も最先端なのかも。自分のサイトに導入したいとか設置したいと思っているものが、クライアント(他の企業や得意先) からも求められるものでもあります。

作ったり勉強してしばらくしてから、どこかから製作依頼が舞い込みます。

結局は我が身を助けるというか、後に仕事に繋がっている例が多いです。もっ とも、それが無ければここまで頑張って延々と何日もパソコンに向き合ったりも出来ませんが・・・。修正には手間も時間もかかりますからね。

たまにはご褒美がないとモチベーションが続きません。

売らないし(笑)宣伝広告もお断りします

催眠術のサイト「だけ」だとしたら、このサイトからあがる利益なんてのはたかが知れていますよ(笑)。

ここは以前から私の自己主張の場所であり、他人との関わりの窓口であると同時に実験場です。

どんな人が見に来て、どんな言葉に感心があるのか? 最近のネットの流行は? 閲覧者がどんなブラウザやOSを使っていて何時頃、毎月、何日にはアクセス数が多いのか? などもわかります。

十数年も運営やってきて、多少のヒット数があれば様々なことが自然とわかりますし身にもつくものです。

私がお金儲けのみのためにサイトを開設し、見え透いた煽りに終始しなかったのはそのためです。不特定多数から「情報」つまりデータや統計を集めることこそが心理学の第一歩なのに、インターネットやホームページを上手に利用しなくてどうするのでしょう?

「催眠が催眠で催眠の」とばかり繰り返す自称催眠術の大先生とか、「私にかかればどんな悩み事もたちどころに解消する!」と煽る大カウンセラー様と、私の立ち位置や運営スタイルが違った理由でもあります。

きちんとしたデータが欲しいのなら、こちらも詳細な情報とか面白いコンテンツを載せる必要がある。人を集めるところから始めるのが筋で「見え透いた宣伝や煽り文句」だけで人なんか集まらない。

私の所の執拗な物まねやって、盗用繰り返してたお馬鹿さんには「自分で自分のサイトのカウンターを」毎日、ガンガンまわしている人もいましたっけ(笑)。

今ではGoogleなどがサイトのランクを付けます。ページランクと呼ばれています。

ウチは常に3〜4に入っていまして。たまに5になります。最近は別に必死で更新し続けることもしていませんし、変な団体と相互リンクもしていません。おかしな?催眠団体の所属もしていませんし、私はそういった団体の幹部でもありませんよ。そういったリンクや宣伝を行ったことは過去に一度もない。

それでも真面目にきちっとホームページやサイトを作って、長年運営を行っていればヒット数があるものです。

自分とか知人や家族に「ガンガン、アクセスカウンターまわしてくれ!」なんてのは無意味なんですよ。正確な統計になりませんから。そういった手口が通用したのは10年も前のお話です。

最近、「サイトを売ってくれ!」とか「宣伝広告を貼らせてくれ!」って会社のメールがウザいです。

検索エンジンも日々進化してますから、インチキとか自作自演がバレる時代になったんですよ。すると自分たちで変な徒党組んで相互リンクしたり、仲間内で執拗にアクセスしてもランクがあがってきません。

なのでヒット数のある老舗(独自ドメインごと)を買おうとしたり、ヒット数があるサイトの中に「アイコンを貼らせてもらって」アクセスを盗もうとするわけですね(笑)。サーバー内部にアイコンを貼ってもらえばアクセスの総数とか時間帯とか地域(IP)、プロバイダ、検索してる用語などの情報が把握できます。

そんなものに下手に応じたら「私のサイト内に」いきなり、他の催眠術師の広告が載せられる羽目になります。

アホな連中に月に数千円とか数万円程度の広告費で貴重な情報垂れ流したり、宣伝広告のスペース割くくらいなら、自社の商品群でも宣伝しますよ。ウチはAmazonにもYahoo!にもショップ持ってるんですから(笑)。

そっちは兄の管轄ですけど。

自社のショッピングサイトにリンク貼って、兄から直接報酬受け取るほうが安心だし利益率がよろしい。もっとも、兄のショップのアクセス数もウチと同数程度があると思いますが(笑)。かなり高いほうだと思います。

私の協力などなくても立派にやっていけてます。

ps.

現在の「新テーマ」内部の微調整、プラグインの設置が終わったら更新を再開予定です。

2010年07月09日
谷口信行

Comments are closed.

カレンダー
2010年7月
« 3月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
番組出演、実験、検証等
全て開く | 全て閉じる
公式Twitter